最近、アンパンマンにはまっている長女。

朝起きて、すぐにアンパンマンミュージアムで購入したアンパンマンマントを探す。

目をこすりながら寝ぼけた顔でマントを見つける。

 

長女長女

これ、背中につけて。

アンパンマンマントを身につけると寝起きに走り出す。

 

長女長女

アンパンマンが起きたぞー!みんなも起きてー!

長女よ 「朝一番にそんなことよくできるな!」

アンパンマンマントをつけたまま長男と次男の上に乗り2人を起こす。

 

長女長女

おい!アンパンマンが来たんだぞ!起きなさい!早く起きて、アンパンマンの頭を食べなさい!

長女よ 「アンパンマンが自分の頭をすすめるな!」

長女が上に乗っても長男と次男はまだ起きない。

 

長女長女

おい!アンパンマンの頭を食べないなら、お前たちの頭を食べるぞ!

長女よ 「どんだけ怖いアンパンマンやねん!」

起きた長男と次男は長女のテンションについていけるはずはなく、無視をする。

朝食の時もマントをしたまま、アンパンマンになりきり続けている長女。

 

長女長女

このパンは、ジャムおじさんが作ったパンだぞー!あっバタコさんだ!

長女よ 「誰がバタコさんやねん、あなたの母や!」

長女のなりきりアンパンマンに触れることなく、黙々と朝ごはんを食べる長男と次男。

 

長女長女

でたなー!バイキンマン!やっつけてやる!

長女よ 「誰がバイキンマンやねん、あなたの父や!」

その後も、長女一人のアンパンマンごっこは続き、気がつけばアンパンマンのお面までかぶっている長女。

結局、長女に触れることなく小学校へ行く長男。

次男と長女も保育園へ行く時間になる。

出発準備をする次男とアンパンマンのままの長女。

「行くよー!」の声に慌てる長女。

 

長女長女

ちょっと待って、もー、このまま保育園行くわ!

長女よ 「やめて!そのまま保育園行ったら、大人が怒られるわ!」

玄関先にアンパンマンマントをきれいにたたんで置き、その上にお面を乗せる長女。

移動させたら「ない!」って怒るんやろな・・・。

置いたままなら帰ってきてすぐにアンパンマンになるんやろな・・・。

究極の選択・・・。

アンパンマン

スポンサーリンク