暑い季節がやってきてプールも始まったので次男は散髪することに。

毎年夏になると次男はスッキリ坊主になる。

切るのはバリカン担当の母ちゃん。

裸になりベランダで羊の毛刈りのように散髪する。

 

次男次男

あー!頭がツルツルなっていくー。チクチクする!

次男が坊主になっていく様子をみていた長女。

 

長女長女

頭つるつるしたいなー。

・・・。

長女よ 「今、何て言いました?まさかとは思いますが・・・。」

 

長女長女

散髪して、にぃにみたいに頭ツルツルにしたい!

長女が髪を切りたいといいだし、次男と同じ髪型を要求!

本当に言っているのか冗談で言っているのかわからない・・・。

女の子なので坊主はやめとこうと説得すると長女は泣き出す。

 

長女長女

えーん。頭ツルツルしたいよー。

長女よ 「さすがに、ほな切ろうかってならんやろ・・・。」

その様子を見ていた母ちゃんが「おいで、散髪してあげるから!」と。

喜ぶ長女はルンルンになりベランダに出る。

母ちゃんよ 「まじか!大丈夫か!切るのか!坊主にするのか!」

散髪の様子をみると母ちゃんは長女の前髪を少しきり「はいできあがり、つるつるなったよ。」と。

(いやいや・・・。さすがにそれでは納得しないやろ。)

 

長女長女

一緒やでー。ツルツルになったでー。

長女よ 「坊主じゃないけど・・・。それで納得できるんかい!」

前髪を少し切っただけで納得した長女。

ただベランダにでたかっただけなのか・・・。

ただ散髪をしてほしかっただけなのか・・・。

ただ坊主の意味が理解できていないだけなのか・・・。

女心と梅雨の天気だけはわからない・・・。

坊主の次男

スポンサーリンク