家の中をハイハイしたり伝え歩きをしたりと自由に動き回る次女。

一人で動けるようになった分、転倒することも多くなっている。

3人には気をつけて見てあげるように言っても返事だけ・・・。

次女がつかまり立ちをしている横で走ったりボールを投げたりして遊んでいる。

自分たちの遊んでいるときには次女に構わないのに少し暇になると次女に寄ってくる3人。

 

次男次男

おー、何してるの?ハイハイしてるの?

長男長男

いないいないばぁー!

長女長女

こっちおいで、かわいいねー!

3人よ 「もうちょっと心を込めて接してあげろよ!」

少し次女に関わるとまたすぐ自分達の世界に入る3人。

気が付くと次女の姿がなくなっている。

 

長男長男

おれ?次女がおらんで?どこいった?

次男次男

ほんまやな!大人が抱っこもしてないし!

長女長女

おーい、どこ行ったー!

3人が遊びの途中で次女に声をかけてあげようとするも次女がいない。

 

長男長男

連れて行かれたんちゃう?

次男次男

嘘やろ!もしかして宇宙人か!

長女長女

溶けたんちゃうか!

長女よ 「溶けるて!どうしたらそんなことが考えられるんや!」

3人とも次女を探しながら、めちゃくちゃな事を言う。

 

長男長男

一人でかくれんぼしてるんちゃう?

次男次男

一人でトイレに行ったんちゃう?

長女長女

あっ!わかった!迷子や!

3人よ 「次女の存在をなんやと思ってるんや!」

3人はふざけた事を言いながら次女をしばらく探す。

 

次男次男

あ、おったー!見つけた!

ダイニングテーブルの下に入り込んだ次女を次男が発見。

 

長女長女

どこ行ってんの!こんなとこに入って!

次女はダイニングテーブルの下でつかまり立ちをし、笑顔でじっとしている。

安全な場所を見つけた次女は、兄姉が走り回るたびにその場所へ戻ろうとする。

自分の身は自分で守ろうとする安全確保のために逃げているような次女。

今度はその場所に行くたびに、長女に無理やり引っ張り出される。

 

長女長女

こら!またそんなところに隠れて!出てきなさい!めんめ!

長女よ 「そういうのが嫌で一人になりたいんやできっと・・・。」

上の3人におもちゃのように扱われる次女。

4番目の宿命やな・・・。

次女

スポンサーリンク