保育園や小学校でプールに入ることが多くなっている子ども達。

プールの回数が増えると同時に多くなるのが体調を崩す回数。

手足口病・ヘルパンギーナ・プール熱など色々な病気が流行する。

次女が手足口病になり、長男・長女はヘルパンギーナと順番に感染していく。

プールに入る期間が夜中や朝に誰か熱が出ないかと心配する日が続く。

次男だけは風邪を引くことなく過ごしていたが朝、起きてきて異変を口にする。

 

次男次男

なんか首が痛い。

次男の首を見てみるも特に何も変わった様子はない。

 

次男次男

痛っ!ここ触ったらめっちゃ痛い!触らんといて!ここ!

次男よ 「めっちゃ腫れてるし!」

次男が痛がる耳の下周辺を見てみると大きく腫れている。

 

長男長男

ギャハハ!なんか顔の半分が大きくなっておかしいで!

次男次男

おい!笑うなよ!

長男長男

だって、おもしろい顔やもん!

長男よ 「笑ってあげるなよ!」

長男があまりに自分の顔を見て笑うので次男自身もおもしろくなってくる。

 

次男次男

ハハッ、痛い、ハハハ、いたた!

長男長男

何言うてるねん!ギャハハ!

次男次男

笑わさんといて!笑っても痛いから!

次男よ 「自分で勝手に笑ってるやないか!」

熱はないけれど少し咳ができるので、病院へ行く。

おたふく風邪にはなったことがあるのでおたふく風邪にはならない次男。

お医者さんに診てもらうと耳下腺炎と診断される。

 

次男次男

じかって何?なんで千円なん?

次男よ 「言葉を分けるな!千円違う!耳下腺炎!」

 

次男次男

へー、そんな病気があるんや!

とりあえずゆっくりと休むように言われたので家でゆっくりと過ごす。

 

次男次男

ちょっと、トイレに行くわ!首が痛いからこのまま歩くわ!

次男よ 「歩き方がおかしいから!ロボットみたいになってる!」

 

次男次男

首を曲げられへんねん!

長男長男

ぎゃはは!何やねんその動き!

次男次男

もう笑うなって!笑われたら俺も笑ってしまうから!

長男よ 「確かにおもしろいけど、笑ってあげるなよ!」

次男よ 「笑われても笑うなよ!」

昼ごはんの時間になると熱が上がってくる次男。

喉も痛くなっていて噛んで飲み込むときに喉が痛くなるようす。

 

次男次男

痛い!おいしいなこれ!でも痛い!お茶飲むわ!痛い!飲んだら痛い!

食べ物を一口飲みこむたびに痛い痛いという次男。

その姿もおもしろいと感じる長男は次男を見ては笑い転げている。

長男よ 「ちょっとは心配したれよ!何がそんなにおもしろいねん!」

 

長男長男

もー、あかん、やめて、おもろい!腫れてる顔だけでおもろいのに食べて痛いとかおもろすぎる!

同じように笑ってた次男も熱があがるにつれて長男の言葉にも笑えなくなってくる。

 

次男次男

あー、しんどくなってきた。

長男長男

ギャハハ、しんどくなってきたやて!おもろ!

長男よ 「性格最低か!いつまで笑い続けるねん!」

これだけ人の事を笑ってる長男やけど、あっさりと感染してしまうのがオチやな・・・。

"耳下腺炎/

スポンサーリンク