保育園の時から夢中になっているけん玉をする長男。

上達スピードがとても早く、難しい技もいつのまにかできるようになっている。

 

長男長男

見ててや!いくでー!あー失敗!もう一回!見ててや!あかん!

見て欲しい長男は大人を呼びとめて披露するが、必ず失敗してしまう。

 

長男長男

できたー!見た?今できたで!

忙しい大人は長男が技を成功させたとき、必ず見ていない。

 

長男長男

なんで、見てないん!ちゃんとみててや!いくでー!あれ?

長男よ 「見てたらなんで失敗するんや!プレッシャーに弱すぎるやろ!」

しばらく一人で練習している様子をみると、上手に成功している。

 

長男長男

よし!今度はいけるわ!いくで、見ててや!あー失敗。なんでやろ?

長男よ 「こっちが聞きたいわ!」

大人に披露する時は必ず失敗する。

 

長男長男

ちょっと待ってや!服脱ぐわ!

Tシャツを脱いで裸になる長男。

 

長男長男

よし、これで絶対入るわ!見ててや!いくでー!よーし!入った。やっぱりな。

長男よ 「なんで服を脱いだら成功するんや!」

 

長男長男

服重たいからな、脱いだら軽くなって動きやすくなんねん。

その後も服を脱いだままけん玉をすると色々な技を次々成功させる。

 

長男長男

ズボンも脱いだらもっと上手くなるかな。

長男よ 「ならんやろ!なんでズボンを脱ぐ必要があんねん!」

しばらく裸でけん玉をし、服を着て挑戦すると、またできなくなってしまう。

めちゃくちゃ才能があるのか、めちゃくちゃ才能がないのか、どっちかやな・・・。

けん玉練習

関連記事:けん玉がうまくなるコツ!持ち方で技を上達する方法

スポンサーリンク