朝ごはんをあまり食べない次女。

ヨーグルトやフルーツなどは食べるが主食のパンやおにぎりは一口しか食べない。

 

次女次女

それちょうだい!これも食べる!それとってー!ちょうだい!

次女よ 「一口しか食べないのに何でもお皿に入れんといて!」

食パンやおにぎりを一口食べては新しいものを食べようとする次女。

 

長女長女

やめなさい!そんな食べ方したらあかん!

次女次女

いいの!

次男次男

ほんまやで!食パン1枚とったなら食べてからおかわりしないとあかんで!

次女次女

いいの!

まともな意見の長女と次男の言う事を聞かないで新しい食パンを取ろうとする次女。

次女よ 「全然、話聞いてないやないか!」

 

長男長男

食パンは1枚ずつちゃんと食べないとあかんで!

次女次女

はーい!

次女よ 「長男の言う事は聞くんかい!」

お皿に入れてもらった食パンを一口食べる。

 

次女次女

もういらん!お腹いっぱい!

次女よ 「そんな訳ないやろ!ちゃんと食べなさい!」

 

長女長女

あっそうや!型抜きのやつ使ったらいいやん!

次男次男

ほんまや!前にそれ使って食べてたやん!

長女長女

探してくるわ!

長女がキッチンからクッキーなどで使う型抜きグッズを持ってくる。

 

長女長女

これ使ってみ!

次女次女

何これ?どうするの?

長女長女

こうやってな、食パンにギューと押し付けたら、ほらきれいに取れた!

次女次女

ほんまやー!すごーい!

長女長女

色々な形があるから使っていいよ!

次女次女

やったー!

次女は食パンに型抜きを使い始める。

真剣な表情で食パンに型抜きを押し付ける。

 

次女次女

できたー!食べよう!うん、おいしー!次はクマさん!クマさんも食べたー!

次女よ 「食べれるんやんか!えらい!」

長女よ 「ナイスアドバイス!」

その後も色々な形の型抜きを使用して食パンの耳だけ残して食べきる次女。

食パンの耳は次男に食べてもらう。

次女よ 「すごいやんか!耳は仕方ないけれど白いところは全部食べたやん!」

 

次女次女

食べたよー!だからもう一枚食パンちょうだい!

1枚食べたからおかわりをしていいと言っていたので次女のお皿にもう一枚食パンを入れてあげる。

 

次女次女

やったー!次はこれにしよっとー!これとこれでも作ろう!うん、おいしー!

次女よ 「めっちゃ食べるやん!食べれるんやん!」

次女は2枚目の食パンも耳を残して食べきる。

残った食パンの耳は次男に食べてもらう。

 

次女次女

もう一枚ちょうだい!

次女よ 「どんだけ食べるねん!もういいやろ!」

 

次女次女

まだいる!食べるからちょうだい!

食べるなら仕方がないので3枚目の食パンをお皿にいれてあげる。

 

次女次女

次はこれとこれで作ろうかなー。うん。おいしいわ。

次女よ 「一口しか食べなかったのは何やったんや!めちゃくちゃ食べるやん!」

次女は3枚目も耳だけ残して完食する。

残った食パンの耳は次男に食べてもらう。

 

次男次男

俺、さっきから食パンの耳しか食べてないけど!

次男よ 「申し訳ない!今日は食パンの耳担当でお願いします!」

次女が残した食パンの耳ばかりを食べてくれている次男。

それにしてもただの型抜きを渡しただけで食パンを食べまくる次女。

さすが、食パンを食べるようになる魔法のグッズやな・・・。

"朝ごはん/

スポンサーリンク