雨の日の保育園送迎。

いつも長男は傘だけ、次男はカッパと傘、姫はカッパだけで雨の日は保育園へ行っている。

長男のお古のカッパを次男が着て、次男のお古のカッパを姫が着ている。

長男と次男は自分の傘を持っているが姫は持っていない。

姫は傘をさして歩くのは危ないので、カッパだけにしているが、姫の傘をさしたい欲求がどんどん大きくなっている。

保育園へ出発する前にその欲求が爆発する!

 

長女長女

傘さしたい!持ちたい!広げたい!

長男長男

こけるで!

長女長女

いいの!大丈夫!

次男次男

前が見えにくいで!

長女長女

いいの!見える。

長男と次男の説得に従わない姫は長男にお願いする。

 

長女長女

にぃに、傘貸して!

長男長男

いやや!俺が濡れるやんか!

長男は傘だけなので、貸してくれない。

次男にもお願いをする。

 

長女長女

にぃに、傘貸して!

次男次男

しゃーないな!俺カッパ着てるから貸したろか!

優しい次男は姫に傘を貸してあげる。

傘を持った、姫は不満げな表情!

 

長女長女

これいや!小さい傘はいや!

姫よ 「出た!わがまま!」

せっかく貸してくれた次男の傘が小さいと文句を言う。

 

次男次男

なんやねん!もう絶対貸せへんからな!

次男よ 「そらそうなるわな!」

 

長女長女

もっと大きい傘がいいの!

長男と次男長男と次男

そんなんないわ!

それでも納得できない姫は、大人用の大きな傘を見つける。

 

長女長女

これがいい!

姫よ 「さすがにそれはあかんやろ!」

大人の傘をさしたいと要求する姫。

玄関先で、姫の説得作業が続くも時間はどんどん過ぎていく。

粘り勝ちした姫は、大人の傘をゲットし、保育園に行くことに。

雨の日の送迎

姫よ 「遠くから見たら傘だけが動いているように見えるから・・・・。」

しばらく歩くと、姫がまた文句を言いだす。

 

長女長女

これ重たい!もう持たない!

姫よ 「時間を返してくれ!」

結局、いつも通り、カッパだけで保育園へ・・・。

そして保育園に着くと、保育園の先生に自慢する。

 

長女長女

今日な、上手に傘さしてきてん!

すごいメンタル・・・。

スポンサーリンク