次男と長女が楽しみにしていた保育園の遠足。

前日からリュックにシートや着替えを準備しウキウキ気分。

次男はティッシュでテルテル坊主を作り、ベランダに取り付ける。

 

次男次男

明日は晴れますように!

願いを込めて眠りにつく。

朝起きて、天気のいい空を見た次男。

 

次男次男

ほらな、やっぱり、俺のテルテル坊主はすごいなー!いい天気や!

自慢げな次男。

 

長女長女

いい天気にしてくれて、ありがとう!

次男にお礼を言う、純粋な長女。

母がお弁当の準備をしているとすぐそばで、その様子を見る次男と長女。

 

次男次男

ウインナー入れてや。ご飯にふりかけしてや。うん、そうそう。

隣でお弁当の盛り付けに指示をする次男。

 

長女長女

ご飯いーっぱい入れてや!わかった?いーっぱいやで!

隣でご飯の大盛りを要求する長女。

次男・長女よ 「うるさいから!邪魔やし!」

完成したお弁当を自分たちでリュックに入れる。

 

長女長女

お弁当、早く食べたいなー!

次男次男

もう朝ごはんにお弁当食べようか!

長女長女

ほんまやなー!

次男・長女よ 「それはあかんやろ!」

お弁当を待ちきれない様子の次男と長女はいつもより早めに保育園へ出発。

普段は保育園まで手をつなごうとしない次男と長女。

なぜか自然と手をつなぎ歩きだす。

遠足の力ってすごいな・・・。

遠足

スポンサーリンク