寒くなり朝起きるのに時間がかかる季節。

長男・長女は何度も声をかけないと起きれない。

次男だけが一人ですんなり起きてくる。

 

次男次男

寒いー。ジャンバー着とくわ。

寝起きですぐ着替えてジャンバーを着る次男。

次男よ  「ジャンバー分厚いから!」

真冬用のジャンバーを出してくる次男。

 

次男次男

もうー。寒いねん。家の中。

次男が寒い寒いと言っている間に長男と長女が起きてくる。

 

長女長女

今日はあったかいなー。

長女よ  「次男は寒いって言うてますけど!」

 

長男長男

寒いか、暑いかわからんな。

長男よ  「わからんのかい!みんな、体感温度違いすぎるやろ!」

半袖の長女と長袖の長男とジャンバーを着る次男が朝食を食べる。

長男が先に小学校に行くために、玄関を出る。

 

長男長男

寒いわー。外はジャンバーいるで!いってきます!

結局、長男は寒いのでジャンバーを着て行く。

次男と長女も保育園へ行くために、玄関を出る。

 

長女長女

さむー!めっちゃ寒い!ジャンバー着る。

長女も寒いとジャンバーを着る。

 

次男次男

あっついなー。外はほんまに暑いなー。

次男は暑いと、家の中で来ていたジャンバーを脱ぎ、半袖になる。

次男よ  「君の体感温度だけがおかしいんやないか!」

次男だけが家でジャンバーを着て、外に出る時になぜか半袖になる。

あほやな・・・。

半袖

スポンサーリンク