いつものようにバタバタと朝の保育園準備!

2歳の姫は

食べる時も

長女長女

自分で!

着替える時も

長女長女

自分で!

テレビもリモコンをつけるのも

長女長女

自分で!

片付けするのも

長女長女

自分で!

トイレに行くのも

長女長女

自分で!

とにかくなんでも自分で自分での時期!

出発するまでに時間がかかる・・・。

やっと準備ができて、靴を履いて出発!となるのだが・・・。

時間がないからと靴のマジックテープを大人が少し手伝う。

 

長女長女

自分でーーーーーーーーー!

と叫び、振り出しに戻る・・・。最初からやり直し・・・。

自分よ 「後1分、我慢できれば出発できたのに・・・。なぜ手伝ったんだ・・・。」

後1分だったのが、部屋からやり直しになり5分かかる・・・。

朝の時間っていつもバタバタ・・・。

こういう時間も気持ちも余裕がないときは不運が重なる・・・。

3人を保育園に送りだし、家に戻るが・・・。

「・・・・。鍵がない!」

保育園で落としているかもと戻ってみるがない・・・。

 

長男長男

あれ?なんで戻ってきたん?

 
次男次男

もう帰りのお迎えきたでー!

長男よ 「説明している余裕はない!」

次男よ 「ボケなのかマジなのかどっちやねん!って突っ込む余裕もない。」

保育園のどこにもない!

道中を探すがどこにもない!

もしかしたら家にあるのでは、鍵をそもそも閉め忘れたのでは・・・。

そんな期待もすぐにハズレ・・・。家の鍵はガッツリ閉まっていた。

諦めて鍵屋さんを呼ぼうかと思って下を見ると・・・。

長男・次男の虫かごの上に鍵が落ちていた。

よかった・・・。

姫の靴履きで焦っていたので鍵をしたあとすぐに落としてしまったらしい・・・。

とにかく見つかってよかった。家に入れてよかった。

そして気づいた・・・。

長男・次男よ 「セミの抜け殻が虫かごいっぱい残っているままやないか・・・。」

スポンサーリンク