保育園出発前に時間をかけて服を選ぶ次女。

あれでもないこれでもないと色々な服を出しては片づけるを繰り返す。

 

次女次女

これがいい。やっぱいこれにしよ。やっぱいこれ。きーめた!これにしよ!

次女よ 「丈が短いな!寒いやろ!」

次女が選んだズボンはピンク色でほぼ半ズボン。

 

次女次女

これでいいわ!寒くないから!

結局、寒さに関係なく短いズボンで保育園に行くことに。

ズボンの次は上着を選ぶ。

 

次女次女

これがいい!これにする!長いやつにしとくわな!

次女は長袖のTシャツをチョイスする。

寒いからトレーナーを着て行くようにとどれにするか聞く。

 

次女次女

これは暑いからいらんねん!これだけでいい!寒くないから!

次女よ 「寒くないことないから着といて!」

 

次女次女

あっ、間違えた!これ白いからあかんわ!ピンクやわ!

ピンクのTシャツに着替えなおす次女。

次女よ 「なんで上下ピンクをチョイスするんや!」

ピンクにこだわったコーディネイトをする次女。

保育園へ出発する時にはジャンバーを着せる。

 

次女次女

これ着ない!ピンクがいい!

次女よ 「保育園に着ていくジャンバーでピンクのはないから!」

 

次女次女

あるやん、ここに!ピンク!

次女よ 「またピンクかい!これはフードがついてるベストやから保育園に着ていったらあかん!」

 

次女次女

いいで!これ着ていく!

まったく大人のいう事を聞かない次女。

結局、ピンクのフード付きベストを着て玄関にむかう。

 

次女次女

靴はこれでいい!

次女よ 「靴はピンクと違うんかい!」

ピンクの靴を履かないであっさりと黄色の靴を履く次女。

あれだけピンクにこだわってたのに・・・。

玄関を出て保育園へ向かう。

 

次女次女

うわーさむー!足が寒い!

次女よ 「ズボンが短いからな!寒いってずっと言うてたやないか!」

次女はピンクのコーデに満足しているようすでご機嫌に鼻歌を歌いながら保育園へ向かう。

ピンクのズボン、ピンクのロングTシャツ、ピンクのベスト、黄色の靴。

なにを目指したらこんな服装になるんや・・・。

フード付きのベストを脱がしてカバンに隠すタイミングを見つけないと・・・。

こだわりコーデ/

スポンサーリンク