週末は淡路島への1泊旅行へ。

今年はあまりすることができなかったバーベキューがメインの旅。

淡路島に到着すると食材を買い出しにスーパーへ行く。

 

長男長男

淡路島って玉ねぎが有名らしいで、買うんかな。

次男次男

そうなんや。でも玉ねぎはいらんやろ!

長女長女

確かにいらんいらん!

3人よ 「玉ねぎは買います!」

玉ねぎを嫌がる子どもたちには焼いたらおいしいと説得する。

 

長男長男

肉買おう!

次男次男

肉はいるわ!いっぱいいるわ!

長女長女

これも買うやろ。これも買おう。

長男長男

あと、これとこれとこれ!

長男・次男よ 「どんだけ肉買うねん!そんなにいらんから!」

長女よ 「それはしゃぶしゃぶ用の肉やから!」

勝手に買い物かごの中へ肉を入れまくる子ども達。

子どもたちが目を離したすきにかごの中の肉を戻す大人。

かごに入れる子どもと返す大人の小さなバトル。

買い出しを終えるとバーベキュー開始。

大人が火をおこしている間に子どもたちはボールで遊んだり、バトミントンをして遊ぶ。

火の準備ができればさっそく食材を焼いていく。

焼き始めると次男が網のそばにやってくる。

 

次男次男

俺も焼きたい!

トングを持って食材を焼き始める次男。

焼いている食材を何度も何度もひっくり返していく。

次男よ 「ひっくり返すのが早いから!いじくりすぎてカボチャとかボロボロになってる!」

肉を焼いて食べる次男。

 

次男次男

うんまー!やっば肉!何ぼでも食べれるわ!

食べ始めた次男の姿を見た長男と長女も食べ始める。

 

次女次女

マンマ!マンマ!

次女も食べたいが熱いので食べることができない。

それでも必死に手に持って食べようとする。

 

次女次女

アッチー!アッチー!アッチー!

次女よ 「そんな必死に食べなくてもいいやないか!冷ましとけよ!」

 

長男長男

俺も焼きたい!トング貸して!

次男に変わり長男も食材を焼きはじめる。

 

長男長男

これとこれとこれも焼くわ!食べるから!

食べるペースより焼くペースの方が早く網に食材が貯まってくる。

長男よ 「食べろよ!ちゃんと!」

次男と長男がやればやらないと気が済まない長女。

 

長女長女

食べないけど焼きたい!

長女よ 「食べない宣言してから焼くなよ!」

肉を数枚ずつとウィンナーを食べたら遊びだす3人。

 

次男次男

もー、お腹いっぱいやわ!

次男よ 「全然食べてないやないか!なんぼでも肉を食べれるんやないのか!」

結局、バーベキューより遊ぶことの方が大切な子ども達。

食材を食べるからと買いまくり・・・。

食材を食べるからと焼きまくり・・・。

結局、食べない子どもたち・・・。

なんでいつもバーベキューってこうなるんかな・・・。

バーベキュー

スポンサーリンク