日本海への海水浴旅行へ。

週末は台風12号の影響で海水浴どころではないと思いながらもホテルを予約しているので強行突破。

海水浴場は風が少し強いながらも雨が降ることもなくいい天気。

海に来た子どもたちはテンションがあがりまくる。

 

長男長男

おー、海やー!

次男次男

めっちゃサラ砂やん!

長女長女

波めっちゃすごいやん!

長男長男

早く泳ぎに行こうぜ!

次男次男

行こう行こう!

長女長女

行こう、その前にちょっとおやつを食べよか。

長男と次男長男と次男

そうやな。そうしよう。

3人よ 「とりあえずおやつみたいなシステムやめてくれ!」

さっさとおやつを食べ浮き輪を持って海に入る3人。

 

長男長男

あんまり冷たくないな!

次男次男

ほんまやな!ぬるいわ!

長女長女

なんかお魚いるかな!

台風の影響で海が少し濁っていてたまに大きな波がくる。

波にも負けず浮き輪やゴムボートに乗って遊ぶ。

次女は海で泳ぐのは初めての体験。

水着に着替えて海へ近づくと抱きつき怖がる。

波の音と迫力に圧倒されている。

時間が経つにつれて慣れてきた次女は少しずつ海に近づくようになる。

 

長男長男

おいでー、一緒に泳ごう!俺が浮き輪に乗せて支えといたるわ!

長男よ 「かっこいい事を言ってるけど、そない泳がれへんやろ!むしろ水泳が苦手やろ!」

次女は海に近づきながらも砂が気になるようす。

砂浜の砂を手に取り遊びだす。

 

次女次女

ジャー!ジャー!

砂浜に座りこんで砂で感触遊びを楽しむ。

手だけでは物足りなくなった次女は、サンダルの上から砂をかける。

 

次女次女

ジャー!ジャー!ジャー!

サンダルから太ももにかけ、お腹にかけ、頭から砂をかぶりだす。

次女よ 「海に入ろうや!砂がメインになってるやん!」

海にまったく興味を示さなくなり、砂浜に寝っころがって全身で砂の感触を味わう。

 

長男長男

見て!見て!砂浜で泳いでるで!

次男次男

ほんまや!カエル泳ぎしてるやん!

長女長女

何をしてるの!海に入りなさい!こっちおいで!

長女は次女の手を引っ張り、海に連れて行こうとする。

長女よ 「強引に入らせようとするのやめてあげて!」

 

長女長女

早くおいで!こんな汚い海なんか入りたくないのに入ってんねんで!あんたも入り!

長女よ 「汚い言うな!ほんで海に入りたくなかったんかい!」

 

長女長女

海なんかに入らないでテントでおやつを食べときたいねん!

長女よ 「何をしに来たんや!おやつばっかり!」

海で泳ぎ続ける長男と次男。

テントでおやつを食べ続ける長女。

砂浜で泳ぎ続ける次女。

それぞれの海水浴の楽しみ方・・・。

海水浴

スポンサーリンク