週末は京都の丹後半島まで日帰り旅行へ。

毎年、お世話になっている友人の農園で梨狩りとぶどう狩りをさせてもらう。

大量の梨を見た子どもたちは、テンションがあがる。

梨狩りでの注意点や取り方の説明も聞かないまま、引っ張って収穫しようとする。

 

次男次男

おい!こっちにめっちゃ梨があるで!

長男長男

引っ張れ!こっちもすごいでー!いっぱいある。

長女長女

梨ばっかりやなー!

3人よ 「落ち着けよ!まずは収穫の仕方とおいしい梨の見分け方の説明を聞けよ!」

梨は引っ張ってとるのではなく上に持ち上げて収穫し、なるべく黄色になってる実を探すとのこと。

 

次男次男

おい!上に持ち上げるねんて!

長男長男

ほんまや!すぐ外れたわ!

とった梨をまるごとかぶりつく3人。

 

長男長男

おいしー!

次男次男

汁でびちゃびちゃなりそうやわ!

長女長女

もーびちゃびちゃやわ!

梨のみずみずしさに口からあごから手から肘から汁が垂れまくる。

家では絶対にできない食べ方をする3人。

 

次男次男

びちゃびちゃになっても気にするな!

長男長男

どんどん食べたらええねん!

長女長女

びっちゃびちゃ!

ひたすら食べる3人。

 

次男次男

服がベタベタする。

長男長男

手とあごが気持ち悪い!

長女長女

全部びちゃびちゃ!

次男よ 「気にしまくりやん!」

長女よ 「どうやって食べたらそんなにびちゃびちゃになれるんや!」

3人とも全身が果汁まみれになるほど食べる。

収穫して食べてまた収穫してをして気が付けば収穫した梨の数は100個以上に・・・。

ぶどうも同じように収穫して食べておみあげは30房以上に・・・。

車の中は大量の梨とぶどうが・・・。

帰りの車中では、長男と次男が誰に梨とぶどうをあげるか相談する。

 

長男長男

いっぱいあるから、みんなに配らないとあかんなー!

次男次男

とりあえず、ジィジとバァバやろ!

長男長男

そうやな!あとは誰にあげる?

次男次男

こんだけいっぱいあるから、近所の家のポストにどんどん入れたらええねん!

長男長男

あほか!梨はポストに入らんやろ!ブドウは外したら入るけど!

次男よ 「それはただのいたずらやないか!」

長男よ 「ツッコむポイントがおかしいから!ポストにフルーツを入れたらあかんから!」

長男と次男は楽しそうに話をしている中、長女がボソッと一言。

 

長女長女

全部食べたらいいやんか・・・。もったいない。

長女よ 「心の声がおもいっきり口からでてるから!」

正直な長女の発言。

 

長男と次男長男と次男

そうやな!そうしよ!俺たちで全部食べよう!

長男と次男よ 「結局、誰にもあげへんのかい!」

フルーツだけは誰にも譲れない子どもたち・・・。

梨狩り

スポンサーリンク