福井県の1泊旅行2日目。

朝から行き先を子どもたちを相談する。

越前松原水族館と東尋坊のどちらかへ行くことにする。

水族館と岩がいっぱいあるところと言うと・・・。

 

3人3人

岩がいっぱいあるところ!

3人よ 「まさかの回答!全員が水族館って言うと思ったけど・・・。」

行き先は東尋坊に決定。

到着すると、思っていた場所と違うのか、不思議な表情をする3人。

 

長男長男

岩いっぱいってここ?

次男次男

えー、岩を登るようなところじゃないの?

長女長女

水族館に行きたかった!

長男・次男よ 「岩いっぱいやけど!」

長女よ 「そんな事を言うと思ったわ!」

不満げな子どもたちに遊覧船に乗ることを提案する。

 

3人3人

乗る乗る!船乗りたい!

岩場の階段を降りて遊覧船乗り場へ行く。

 

次男次男

これって船なん?

思ってた船と違うような表情の次男。

次男よ 「どんな船を想像してんねん!」

船が進みだすと3人ともテンションが上がる。

ガイドさんの話を聞きながら、遊覧船を楽しむ。

 

長男長男

ライオン岩やって!

次男次男

えっ、どれ?どこ?見えへん!

長女長女

ライオンがおるの?海に?どこ?

長女よ 「ライオンの岩な!海の上にライオンがいるわけないやろ!」

 

長女長女

なんや!岩か!あー、ほんまや!見えたわ!

長男長男

後姿やな!

次男次男

どれ?どこ?見えへん!

しばらく進むと、島で釣りをしている人を発見。

 

長男長男

見てー!釣りをしている人がいるで!

長女長女

ほんまや!おーい!

長男と長女が手を振ると釣り人も手を振ってくれる。

 

次男次男

ライオン岩どこ?どれ?

次男よ 「まだ探してたんかい!もう見えないから!」

遊覧船観光が終了。

遊覧船が終わって、何やら言いたげな次男の表情。

訳を聞いて見る。

 

次男次男

岩がいっぱいのところへ行きたかったのは、岩登りがしたいから行きたいって言ってん!見るだけじゃなくて!

次男よ 「ロッククライミングかい!そんなん簡単にできるわけないやろ!」

なんとか長男と次男を満足させるため、登れる岩場を探す。

海辺の近くまで降りれる階段を見つけて進むと岩ばかりの場所を発見。

大きな岩や小さな岩などがあり長男と次男は登ったりジャンプしたりして進んでいく。

 

長男と次男長男と次男

俺たちは、これがしたかってん!

長男・次男よ 「ただ岩がいっぱいあるところを進むだけやないか!何がおもろいねん!」

岩場探検をして楽しむことができた長男と次男。

満足したのか帰りの車では熟睡。

 

長女長女

水族館がよかったなー!

車の中で水族館への未練を声に出す長女。

これから岩を見るたびに言い続けるんやろな・・・。

東尋坊

スポンサーリンク