休日は公園にお散歩に行った次女。

公園を歩いているとどんぐりを発見。

 

次女次女

あっ!どんぐりあった!

どんぐりを3つほど拾って嬉しそうな表情をする次女。

 

次女次女

見てー!こっちにもどんぐりあった。

少し移動するとまたどんぐりを発見する。

 

次女次女

こっちにもどんぐり、あっちにもどんぐり、うわー、どんぐり一杯あるなー!

たくさん見つけた次女はどんぐりを手に抱え込んで持とうとする。

 

次女次女

落ちた!また落ちた!いっぱいにならない!!

次女よ 「新しいどんぐりを手に持った時に持ってたどんぐりが落ちてしまってるから!」

拾っては落とし拾っては落としを繰り返す次女。

 

次女次女

ちょっとおとなきてー!おとなー!

次女よ 「大人をまとめて呼ぶな!」

大人の手の上にどんぐりを集める次女。

 

次女次女

ちょっと持っといてやー!遊具に行ってくるから!

次女よ 「遊具に行くなよ!このどんぐりはどうすんねん!」

大人にどんぐりを持たせたまま遊具へ遊びに行く。

しばらくすると戻ってきてまたどんぐり探しを始める。

リュックの中からビニール袋を取り出した次女。

 

次女次女

これに入れようっと!

次女よ 「袋持ってるんかい!あれだけ大人に持たせといて!」

袋にどんぐりを拾い集めて気づけば袋がパンパンになる。

 

次女次女

もー、いっぱいになったわー!

どんぐりをいっぱい拾ってテンションがあがる次女。

 

次女次女

どんぐりコロコロ、どんぶりこー♪

次女よ 「どんぶりになってるー!」

鼻歌を歌いながらどんぐり拾いをする。

新しいビニール袋にどんぐりを集めて、またいっぱいになる。

 

次女次女

リュックにどんぐり入れてるねん!

次女はリュックの中に集めたどんぐりを入れて新しいビニール袋を取り出す。

新しく出したはずのビニール袋をみると汚れてくしゃくしゃになっている。

次女よ 「新しいビニール袋じゃないやないか!」

リュックの中をみると、どんぐりがたくさん入っている。

しかもビニール袋には入っていないでそのままのどんぐりが・・・。

次女よ 「リュックにそのままどんぐりいれるなよ・・・。」

1枚のビニール袋を使ってリュックにドングリを入れかえていた次女。

 

次女次女

あー、重た!どんぐり持って帰るわな!

次女よ 「そんな大量のどんぐり持って帰ってどうするねん・・・。」

どんぐりをそのままリュックに入れて持って帰ろうとするなんてワイルドすぎるやろ。

たくさんもってかえられると困るので、さりげなくリュックから減らしていく大人・・・。

"どんぐり拾い/

スポンサーリンク