男たちは岩があれば登る!

どんな場所でも大きな岩があれば登る!

長男と次男は公園で大きな岩があるのを見つけるとすぐに登りたがる。

 

長男長男

でっかい石があるぞー!

次男次男

よーし登ろうぜ!

ミニロッククライミングが始まる。

 

長男長男

おーい。そっちに足を置く場所あるか?

次男次男

こっちは大丈夫やで、いける!

長男長男

ジャンプできるか?

次男次男

ジャンプは危ないからやめとこう!

長男長男

おー、これは高い岩やな、登れるか?

次男次男

なんとか登ってみるわ!

長男・次男よ 「そんな、たいした岩やないわ!小さな岩やないか!」

岩がいくつもある場所を発見し、岩から岩へ飛び移り、遊ぶ。

 

次男次男

気をつけろ!下に落ちたら食べられるぞ!

長男長男

わかった、下に落ちないように渡ろう。

次男次男

あっサメがいる。

長男長男

こっちにはワニがいる。

長男・次男よ 「いつのまにかごっこ遊びになってる!」

岩登りから探検遊びになり、ごっこ遊びになる。

色々な遊びに発展していく子どもたちにはいつも関心する。

兄達の様子を見ていた長女。

 

長女長女

石に登ってどうすんねん!おもしろくないわ!

長女よ 「ほんまにその通り!」

2歳の長女が兄二人の行動をバカにする。

 

長女長女

もー、そんなとこ登って危ないのになー!あかんなー!

って言いながら岩を登りはじめる長女。

長女よ 「どないやねん!やりたいんかい!登りたいんかい!」

 

長女長女

別に登りたくはないねん。にぃにの真似をしてるだけ!

 

長女よ 「女の子って何かと言い方するよな・・・。」

岩に登ろうとするも登ることができない長女。

 

長女長女

なー、登られへんやろ!だから言うてんねん!

長女よ 「一人コントか!口が達者になったよな・・・。」

その間も男二人は黙々と岩から岩へ移り遊んでいる。

 

次男次男

もっと、高い岩に登りたいなー。

次男は小さい岩に満足できない様子。

ボルタリングにでも習わせようかな・・・。

ロッククライミング

スポンサーリンク