毎週土曜日はママは仕事で、保育園は休ませているので、私が1人で子守・・・。

起きる時間は休みにもかかわらず早起きな子どもたち。

朝食を食べて少し休憩して、それぞれ遊ぶ。

1人で3人を公園へ連れて行くのはしんどいので部屋遊び。

部屋遊びはすぐに退屈になってくるので新しい遊びをどんどん提案し時間をつぶす。

さーそろそろお昼ご飯の準備かなと時計を見る。

8時半・・・。

コントのように時計を2度見する。

8時半・・・。

(嘘やろ・・・。)

体内時計は確実に12時頃かと・・・。

6時半に起きてからまだ2時間しか経っていない。

この体の疲労感と気持ちの疲労感はなんなんだ・・・。

子守の時間がすぎるのはとっても遅い・・・。

そんなメンタルの状態の私に容赦ない言葉を発する子どもたち。

 

長男長男

なー暇やからなんかしようや。

次男次男

 もー退屈やからおやつ食べようや。

長女長女

もう眠たい・・・。

長男よ 「君が弟と妹に遊びを提案しろよ!」

次男よ 「退屈やからおやつを食べる発想はおかしい。」

姫よ 「起きて2時間で眠たくなるかい?」

 

なぜか全員がイライラする展開に・・・。

新しい遊びを考えるため家の中をみんなでゾロゾロ・・・。

そして長男が何かを発見!

 

長男長男

保育園で書いた作品があるわ。見たい!

保育園でお絵かきの時間に書いた作品を発見しみんなで見ることに。

保育園で書いた絵や作品は貯まるばかりで捨てることができなくて置き場に困る。

保存に困っていて捨てようか考え中で部屋に置いていた。

小さいときからの作品なので紙自体が色あせたり汚くなっている。

とりあえず1人づつ作品を並べて写真を撮る。

処分について子どもたちに聞くと・・・。

 

長男長男

これとこれとこれは置いといてこれはいらない。

次男次男

もうー全部いらんわ。

長女長女

全部いる。

次男よ 「作品を見ることもなく全部いらんて適当やな・・・。」

姫よ 「あなたの作品は紙に線が1本2本3本なんで、一番捨てる候補なんですが・・・。」

 

とりあえずいるものは保存しておいて、いらない物は処分することに決定。

そしてアイデアマン次男が新たな遊びを提案!

 

次男次男

捨てるんやから紙全部くしゃくしゃボールにしたい!

皆で賛成し、紙を1枚1枚くしゃくしゃにしてボールにする。

3人でただひたすら紙ボールを作る。

部屋中に紙ボールが増えてきてみんなテンションが上がる。

どんどん増えて部屋中が紙ボールでいっぱいに!

 

3人3人

全部できたー!

とみんなで達成感にひたり時計を見ると・・・。

13時・・・。

今日2回目の2度見する。

13時・・・。って昼過ぎているし・・・。

昼ごはん準備もしていないし・・・。

(子守の時間ってすぐにすぎるなー・・・。)

そしてママが帰ってきて全員が怒られる・・・。

土曜日になるのが怖い・・・。

スポンサーリンク