朝からサッカー練習に行く長男と次男。

寒いので防寒対策としてストレッチインナーを着る次男。

 

次男次男

この服ピッチピチやな。着にくい。頭が入らへん。

文句を言いながら着替える次男。

ストレッチインナーを着ている姿を鏡で確認する次男。

 

次男次男

おー、なんかスーパーマンみたいやな!ピチピチで!

次男よ 「なんで、ピチピチの服=スーパーマンのイメージになるんや!」

 

次男次男

このままでいいわ!上にシャツ着ない!

次男よ 「シャツを着ろよ!なんでインナーのみやねん!」

着るときには文句を言っていたのに、着ると気に入り何度も鏡の前でポーズをとる次男。

 

次男次男

なんか、今日は走るのが速くなりそうやわ!

次男よ 「単純!」

普段とは少し違う服を着ただけで、やる気になり機嫌よくサッカーの練習へ行く。

サッカーの練習を終えて帰宅すると次男は上機嫌。

 

次男次男

やっぱ、この服着たから、走るの速かったわ!

次男よ 「たぶんやけど、変わってないと思うで・・・。」

ご機嫌な次男は服を着替える。

 

次男次男

手が冷たくて服が脱ぎにくい!ちょっと手伝って。

手が冷えすぎて、ジャンバーのファスナーが思うように外せない次男。

大人が手伝い脱がしてあげるとシャツを脱ぎ、ストレッチインナーを脱ごうとする。

 

次男次男

あれ?この服どうやって脱ぐの?脱げないで!

ストレッチインナーを脱ごうとするも中々脱げない次男。

 

次男次男

お腹の所があがらない!あー、手が冷たいから余計できへんわ!あれ?手を先に抜くのか。

手が冷たい上にピチピチなので脱げない次男。

両手を抜き、お腹の部分を持ち上げ、後は首を抜くだけの所でストップする。

 

次男次男

誰か助けて!首がとれない!真っ暗やから助けて!早く!

首を抜こうとしたけど抜けない状況のまま助けを求める次男。

 

次男次男

もー、早く!見えへん!暗い!ぬぁー!このウインナーを脱がして!

次男よ 「パニックになってインナーがウインナーになってもうてる!」

最終的には大人が手伝い、ストレッチインナーを脱ぐ。

 

次男次男

あー、もー嫌!もー、この服は絶対着ないからな!一生着ない!

次男よ 「さっきまで走るの早くなるって言ってましたけど・・・。」

ストレッチインナーに振り回される次男。

ストレッチインナー

スポンサーリンク