長男が新一年生になり小学校生活にも慣れてきた。

最初は不安な表情で通学していたが、少し自信のついた表情に変わってきている。

学校や学童での過ごし方をよく話してくれる。

 

長男長男

今日は○○君と初めてお話したで。学童でサッカーも一緒にした。

嬉しそうに話をする長男の様子をみて、少しホッとする。

2週間が過ぎ、4月の中旬になると、何やら長男の様子がおかしくなる。

学校から帰宅した長男はかゆみを訴える。

 

長男長男

手がかゆいねん!ここもかゆいねん!学校行ってからかゆいねん!

少しブツブツができていて、かゆみがある。

とりあえず様子を見ようと眠りにつく。

眠りにつくが、かゆみがひどくてすぐに目が覚める。

 

長男長男

手がかゆい、足もかゆい、もーかゆいってば!

長男よ 「わかったから落ち着け!」

あまりの全身のかゆみと寝ぼけているのでパニックになる長男。

 

長男長男

あー!なんか、全部かゆい!どうにかして!かゆい、かゆい、ここも、ここも!

一緒に寝ている次男が目を覚ます。

 

次男次男

うるさい!静かにしろ!かゆみなんか気にすんな!

次男よ 「そらそうやけど、お兄ちゃんの心配しろよ!」

文句を言って、そのまま眠る次男・・・。

 

長男長男

あー!もうあかん!かゆい!全身洗えるところはないのかー?

長男よ 「全身洗えるところは、お風呂です!」

あまりのかゆみで訳のわからないことまで言う長男。

電気をつけて長男の体を確認すると、顔や全身に蕁麻疹が!

急な蕁麻疹に薬もなく対処法に困る。

とりあえず冷やす方がよいのかとアイスノンで対応する。

 

長男長男

冷やしてもまだまだかゆい!治らない!もーどうにかして!

次男と長女次男と長女

もーまぶしい!かゆいかゆいってうるさい!

電気をつけたので、気がつけば次男も長女も起きてしまっている。

しかも長男の心配をすることなく、文句ばかり・・・。

次男・長女よ 「だから、心配したれよ!」

冷やしてかゆみが少し落ち着いたのか長男も眠る。

その後も夜中に何度もかゆみで起きる長男。

何度も文句を言って起きる次男と長女。

朝になると長男の体に蕁麻疹はなく、かゆみもなくなっている。

念のため病院に連れて行く。

変わった食べ物も食べていないし、柔軟剤なども変えてないのでアレルギーではない。

溶連菌の検査をしてもマイナス判定。

何が原因なのか?

お医者さんの診断結果は、新生活によるストレス性の蕁麻疹。

新しい環境に変わったり、生活が変わることで、子どもがなりやすい蕁麻疹とのこと・・・。

長男よ 「がんばれ!小学生!」

(言葉では学校は楽しいというけれど、心と体は一生懸命頑張ってるんやな・・・。)

蕁麻疹

スポンサーリンク