毎年恒例のクリスマスプレゼントを購入する為、買い物へ。

予算内で両祖父母が好きな物を買ってくれるシステム。

サッカー関連のグッズほしい長男と次男のため、まずはスポーツ用品店へ。

 

長男長男

今年は何にしよっかなー!

次男次男

俺は日本代表のユニフォームにするわ!

長男長男

えー、ほんなら俺もそれにしようかなー!

次男次男

真似せんといて!ほんならやめよ!

長男長男

ほんなら俺も違うのにしよう!

長男よ 「なんで次男と同じものを選ぼうとするんや!」

 

次男次男

いいのないなー!俺やっぱり、うまい棒5,000本にしようかなー!

次男よ 「どういう計算をしたら5,000本になるんや!そんなに食べられへんやろ!」

 

長男長男

そうや、寒いからベンチコートにしよう!よし決まった!ベンチコートと日本代表の文房具にするわ!

次男次男

俺はジャージとトレーナーと手袋とネックウォーマーにするわ!

長男よ 「ベンチコートって高いやろ!」

次男よ 「衣料品ばっかりをチョイス!」

ベンチコートの金額を見ると1万円以上するものばかり。

予算オーバーなので長男に安いベンチコートでもいいか交渉してみる。

 

長男長男

なんでもいいで!暖かければ!

長男よ 「えらいな!こだわらないスタイル!」

値段が下がりはじめているベンチコートの中から安い物を探して選ぶ。

次男はジャージやトレーナーを試着しまくる。

 

次男次男

これめっちゃかっこいいな!あー、これはちょっと首がきついな!これはパーカーがついてないからあかんな!どれにしよかな。

次男よ 「どんだけ試着するねん!はやく決めてくれ!」

 

次男次男

やっぱり、この手袋とネックウォーマーだけでいいわ!

次男よ 「安すぎるけどいいのか!」

結局、800円程度の手袋とネックウォーマーをチョイスする次男。

予算が余っているので、試着したジャージやトレーナーの中から選ぶ。

長男と次男はサッカー関連の服やグッズを購入して買い物終了。

あとは長女と次女が買う物を探しに行く。

 

長女長女

手袋とネックウォーマーにする!

長女よ 「別にみんなに合わせなくてもいいですけど!」

 

長女長女

それと、アクアビーズにする!

長女よ 「あっさり決まったな!」

長女の手袋とネックウォーマーを購入しアクアビーズを買うためにショッピングモールへ移動する。

ショッピングモールでアクアビーズを購入し長女の買い物は終了。

残るは次女の買い物のみ。

クリスマスの意味も分かっていない次女にプレゼントは何がいいか聞いてみる。

 

次女次女

えっとー、バナナ!

次女よ 「それは今食べたい物じゃないのか!」

おもちゃなら何がいいか聞いて見る。

 

次女次女

えっとー、手袋!

次女よ 「みんなが手袋買ってるから影響されてる!」

 

長男長男

もー、早く買い物終わりしてや!

次男次男

暇や!ほんまに!

長男長男

買い物ばっかり飽きた!

長男・次男よ 「自分の買い物が終わればそういうことを言う!」

 

長男長男

クリスマスツリー見とくわ!

次男次男

そうしよ!見に行こう!

長女長女

行くー!

3人はショッピングモール内にある点灯されたクリスマスツリーを見に行く。

大人と次女の買い物は続く。

 

次女次女

えっとー、みかんにする!

次女よ 「食べ物はもうええねん!」

プレゼントの意味がわからない次女には大人が勝手にエジソンのお箸とお菓子の詰め合わせを選んで購入する。

購入したお箸を見せる。

 

次女次女

お箸やん!それでいいよ!

次女よ 「もう買ったから!」

文句を言わないっていいな・・・。

買い物が終わり3人がいるクリスマスツリーの場所へ行くと3人はツリーを見ながら肩を組んで君が代を歌っている。

恥ずかしいからやめてくれ・・・。

クリスマスプレゼント/

スポンサーリンク