公園で何やらおもしろそうな乗り物を発見。

 

長男長男

何これ?どうやって遊ぶの?

次男次男

なんかコマみたいやなー。

大人もよくわからないコマのようなイスのような乗り物。

 

長男長男

俺乗ってみるわ!

次男次男

俺も乗ってみる!

長女長女

乗りたい!

さすがに姫には危険な感じがするので、説得して姫は見るだけに。

長男と次男は恐る恐る乗ってみる。

 

長男長男

おー!なんかくるくる回るぞー!

次男次男

おもしろいやんこれ!

SPUN

大人も乗って見ると、何やら回るイスみたい。

気に入った長男と次男はただひたすらくるくると回り続けていた。

長男・次男よ 「20分以上回ってますけど・・・。」

家に帰ってから、イスのような乗り物は何だったのか調べてみる。

乗り物の正体はSPUNチェアー!

SPUNチェア

トーマス・ヘザウィックというロンドン出身のデザイナーが作成したSPUNチェアー。

正体はデザイナーズチェアー。

そんなものがなんで公園にあるんだ・・・。

さらに調べるとイスの軸にあたる位置には、水抜きの穴があり、屋外での使用もできるみたい。

なるほど、だから公園でも使えるということか。

基本的には大人が座るイスとして置いてあったのかな・・・。

それでも子どもが座れば楽しい乗用玩具になってしまう。

子どもたちはあのコマみたいなイスほしいといっていたので販売しているのか調べる。

販売している!価格はなんと7万円・・・。

そりゃデザイナーズチェアやからそれくらいはするわな・・・。

スポンサーリンク