休日は奈良公園へお出かけに。

大仏へは一度行ったことがあるので、今回のメインは春日大社へのお参り。

奈良公園周辺に着くと鹿が道を歩いている光景に大興奮の子ども達。

1日最大1800円の駐車場に停めていざ奈良公園内へ。

たくさんの鹿にテンションマックスな3人。

 

長男長男

エサあげたい!

次男次男

鹿せんべい買いに行こう!

長女長女

せんべい食べたい!

長女よ 「あなたはほんまに鹿せんべいを食べそうで怖いわ!」

おばちゃんが道で販売している鹿せんべえの売店へ行く。

 

長男長男

鹿せんべいいる人?

次男次男

はい!

長女長女

はい!

次女次女

はい!

次女よ 「あなたはやめといた方がいいのでは?自分が食べるやつと思ってないか!」

結局、次女の分も合わせて4つ購入。

鹿せんべいを買った瞬間から鹿たちが一気に寄って来る。

驚いた長女は大声で叫びながら鹿せんべいをほおり投げる。

 

長女長女

ぎゃー!助けてー!

長女よ 「何で鹿せんべいを買ったんや!」

次男が長女が投げた鹿せんべいを慌てて拾ってくれる。

余りの大群に3人分の鹿せんべいは一瞬でなくなる。

残るは大人が隠し持っている次女の鹿せんべいのみ。

鹿はエサがないと思ったのか一度退散する。

 

長男長男

もー、せんべいないわ!

次男次男

もう一回買いに行こう!

長女長女

鹿せんべいもう一回する!

長女よ 「また怖がるからやめとけ!」

鹿の大群から離れて、鹿が少ないポイントへ移動する。

次女も鹿のえさやりに初挑戦。

自分より体の大きな鹿を見て泣くかと思いきやぐいぐいと近づき餌を手でどんどんあげる。

 

次女次女

おいでー!おいでー!

次女よ 「自ら鹿を呼ぶなんて、たくましすぎるやろ!」

春日大社へ歩いて行く道中で何度も鹿せんべいを購入させられる。

3人よ 「どんだけ鹿せんべい買うねん!もうええやろ!」

春日大社でお参りをした後、帰りの道でも鹿せんべいを買ってはエサやりを繰り返す。

エサやりに慣れてきた長女は鹿にリュックを噛まれる。

 

長女長女

ギャー、噛まれた!リュックが汚れたー!

次女も鹿に突進され足払いをされる。

 

次女次女

おいでー!おいでー!

次女よ 「無敵か!怖くないのか!」

無限に買い続けた鹿せんべい・・・。

車に到着するころには鹿せんべいを何個購入したか覚えていないほどに・・・。

満足した子どもたちは車に乗り込む。

駐車場の清算をすると3000円!

看板をよく見ると1日最大1800円の大きな字の下に小さな字で土日祝日は60分1000円の文字が・・・。

鹿せんべいと駐車場代だけでUSJ行けたな・・・。

奈良公園

スポンサーリンク