イオンに買い物へ行くと子どもたちが必ず行きたがるのがお菓子売り場。

大人が買わないってわかっていてもとりあえずお菓子売り場に行きたがる。

 

長男長男

ちょっとお菓子のところにいっていい?

次男次男

そうやな!なんか珍しくて新しいやつがあるかもしれんしな!

次男よ 「新しいやつって何やねん!珍しいお菓子って何やねん!」

長男と次男がお菓子売り場に行くと当然のようについていく長女と次女。

 

長女長女

お菓子買っていいの?

次女次女

これにする!アンパンマンのラムネ!

長女よ 「買っていいとは言ってないから!」

次女よ 「早い!もうすでに手に持ってるやないか!」

次女は我慢ができないので仕方がないとアンパンマンラムネを買い物かごに入れてあげる。

 

次女次女

自分で持つ!

なんでも自分での次女はラムネを自分で持つと行って買い物かごからアンパンマンラムネを取り出す。

次女がラムネを持っている姿を見た3人は次女に詰め寄る。

 

長男長男

なんでこれ持ってんの?

次女次女

・・・・。

次男次男

買ったらあかんで!

次女次女

・・・・。

長女長女

勝手に持ってるだけやろ!返してきなさい!

長女は次女が持っているラムネを無理やり奪い取る。

 

次女次女

これ買うのー!うぇーん!

次女はお菓子売り場で大声で泣き出す。

長女よ 「無理やり奪わないで優しく声をかけろよ!」

次女だけがお菓子を買う事に納得しない3人。

結局、全員1つずつお菓子を買う事になる。

 

長男長男

いぇーい!俺はハイチュウにしよ。

長女長女

ポイフルにしよー!

次男次男

ほな俺はこれにするわ!

次男よ 「何それ!高っ!500円近くするやないか!」

恐竜のプラモデルのようなおもちゃに小さなガムが1つだけ入ってる食玩を選ぶ次男。

 

長男長男

えー、ずるいな!お前がそれを買うんやったら、俺もハイチュウ5つ買うわ!

長男よ 「金額を合わせようとするな!次男の食玩は買わないから!」

 

次男次男

えー、ほんなら俺もハイチュウでいいわ!

長男長男

真似せんといて!なんで一緒のやつを買うの?

長男よ 「一緒でもいいやないか!」

次男と同じものを買うのが嫌な長男は同じハイチュウのイチゴ味からハイチュウのぷどう味に変更する。

長男よ 「結局、同じハイチュウやないか!」

次男と違う味を買う事で納得する長男。

気がつけばお菓子売り場に40分以上いた子ども達。

食品の買い物を終える頃には1時間以上経過する。

4人よ 「買い物に時間がかかりすぎ!っというかお菓子に時間がかかりすぎ!」

家に帰るとすぐに自分のお菓子を取り出しお菓子入れに片づける。

次男だけは何やら別の場所にお菓子を片づけている。

次男が見せてもらうと塩分チャージが入っていた空箱に今まで買ってきたお菓子がいっぱい入っている。

 

次男次男

お菓子をここに集めてんねん!旅行の時にまとめて食べるねん!

次男よ 「集めるな!今買う必要ないやないか!旅行前でいいやろ!」

お菓子ケースには「さわるなだれも、だーれもあけるな」の文字が・・・。

これは余計さわりたくなるし開けたくなる・・・。

お菓子入れ/

スポンサーリンク