イオンのおもちゃ売り場では新しいスーパー戦隊シリーズのグッズが売られている。

売り場では動物戦隊ジュウオウジャーから宇宙戦隊キュウレンジャーグッズに変わっている。

売り場のワゴンセール品として動物戦隊ジュウオウジャーのグッズも販売している。

 

次男次男

あっ、ジュウオウジャーのおもちゃがまだあるやん。

長男長男

ほしい!買って!

動物戦隊ジュウオウジャーグッズを見つけた長男と次男はすぐに欲しがる。

長男と次男は動物戦隊ジュウオウジャーがとても好きで今でも購入したグッズでよく遊んでいる。

クリスマスに買ってもらう予定だったジュウオウジャーの変身グッズを見つける次男。

 

次男次男

あっ!これは買わないとあかんやつやん!クリスマスに買わなあかんかったやつやん!

次男よ 「別に買わないとあかんくはない!」

変身グッズを手にすると離そうとしない次男。

価格を見るとなんと半額!

テレビ放送をしなくなって売れ残っている商品なので動物戦隊ジュウオウジャーグッズは全て半額で売られている。

半額の値札を見て買ってあげようかと思うも何のイベントでもない日に買うのはやめようと判断する。

買わないことを宣言すると怒りだす次男。

 

次男次男

ほらな、やっぱり買わないんやろ!クリスマスの時もそうや!また今度やろ、どうせ!

次男よ 「よくわかっているな!また今度や!」

次男の要求に長男が援護射撃をする。

 

長男長男

そうやそうや!いつもまた今度って買えへんねんで!

長男よ 「次男の後ろから、ボソッと言うな!」

ついには姫も加わる。

 

長女長女

ジュウオウゴリラほしいなー!これで遊びたいなー!

姫よ 「わかった、買ってあげようか!いやいや、あかんあかん!」

姫の甘えた声に負けて購入しかけるも冷静になり、なんとか買わないで売り場を離れる。

しばらく、違う売り場をブラブラしていると、おもちゃ売り場の方から「タイムセールです。」の声が聞こえる。

行ってみると、おもちゃ売り場は人だかりができている。

ワゴンの中にある商品を30分間だけ半額にするタイムセールとのこと。

「半額の商品もその価格からさらに半額になります。」と叫ぶ店員さん。

人だかりをかき分けてどんな商品があるか見ると、さっき見ていた動物戦隊ジュウオウジャーグッズを多数発見。

気がつけば、3人が欲しがっていた動物戦隊ジュウオウジャーのおもちゃを探している自分がいる。

 

3人3人

いいぞー!いけー!いっぱいとれー!全部買えー!

子どもの声援がさらに背中を押し、無我夢中におもちゃの奪い合いに参加する。

ん?買わないと判断したが、「半額のさらに半額」の言葉に体は勝手に反応していた。

目当てのおもちゃを3人分見つけ出し手にする。

 

3人3人

やったー!いいぞー!買わなあかんやつや!

何のイベントもない日に結局3人分のおもちゃを購入することに。

3人よ 「母には内緒にするんやで!って無理な話やな・・・。」

食品を買いに行ってた母と合流すると、やっぱり、全員怒られる・・・。

母よ 「でも半額のさらに半額やで!って言い訳にはならないよな・・・。」

子どもたちは怒られながらも買ってしまっているので満足している。

家に帰り、さっそく3人はそれぞれ半額の半額で買ったおもちゃで遊びだす。

家に帰るまで気づかなかったが、姫のチョイスしたおもちゃは変身グッズ・・・。

 

長女長女

ウッホッホ!ジュウオウゴリラだぞー!

ジュウオウゴリラ

姫よ ごめん。やっぱり買わなければよかった・・・。」

まさかの女子がジュウオウゴリラの変身グッズて・・・。

甘えた声で欲しがってた商品がこれかい・・・。

そりゃ、母さらに怒るわな・・・。

スポンサーリンク