どんなに寒くても公園で遊びたい子どもたち。

 

次男次男

寒くてもいいいから公園行こう!誰かいるって!

次男よ 「こんな寒いときに誰も公園にいないで!」

大人の決まり文句「誰もいないで!」と言うも納得しない3人。

仕方なく大人も付き添いで行くことに。

公園に行くと、子どもたちがたくさん遊んでいる。

 

次男次男

ほらな、人がいっぱいいるやん!

次男よ 「たまたまやろ!こんな寒いのに人が多い・・・。」

次男の自信満々の顔を見て、イラッとする。

長男と次男はサッカーをしようと広場の方へ行き、長女は遊具へ遊びに行く。

しばらく遊具で遊んでいた長女が戻ってくる。

 

長女長女

なんか、手が動かなくてジャングルジムへのぼれない。

長女よ 「手が冷えてんねん!寒いのに公園にくるからや!」

手が冷え切って思うように遊具で遊べなくなる長女。

広場でサッカーをしていた次男も戻ってくる。

 

次男次男

なんかボールをキャッチしようとしてもうまくキャッチできないからキーパーでけへん!

次男よ 「手が冷えてんねん!寒いのに公園にくるからや!」

次男と一緒にサッカーをしていた長男も戻ってくる。

 

長男長男

ごめん、ちょっとジャンバーのチャックができへんから、手伝って!

長男よ 「手が冷えてんねん!寒いのに公園にくるからや!」

手が冷たいと言いながらもまだ遊びたいという3人。

しばらく遊んでいると長女の保育園の友達が公園に遊びに来る。

 

長女長女

おーい、○○ちゃーん!お正月やで!

長女よ 「お正月は過ぎてますけど・・・。」

大人同士が新年の挨拶をしていると子どもたちも挨拶をする。

 

長女長女

あけまして、おじゃましました!

長女よ 「どこへおじゃましたんや!間違ってるから!」

 

長女長女

間違えた、間違えた。あけまして、おはようございます。

長女よ 「それも間違えてるから!おめでとうやから!」

子どもは新年におめでとうを言う挨拶が不思議でしかたがない・・・。

公園遊び

スポンサーリンク