4月から保育園へ行っている次女。

慣らし保育も終了し、平日は1日保育園で過ごしている。

平日は生活リズムが整い、決まった時間に食べ、決まった時間に寝ることができている。

休日は食べる時間や寝る時間が平日とは異なってしまうので生活リズムが狂ってしまう。

休日には長男・次男・長女もいるので、騒がしくてゆっくり寝れない。

保育園では午前睡をしている時間も3人は遊んでいる。

 

長男長男

おーい、かるたやろうや!

次男次男

いいで、やろう!

長女長女

いいね、いいね、やるやる!

3人がかるたをやり始めると広がっているかるたが気になる次女。

眠い目をこすりながらもかるたを触りに行く。

 

次男次男

おい、邪魔するな!

長男長男

かるたを取ったらあかんで!

長女長女

ねんねしとき!

3人よ 「寝たいけどここでかるたをされたら触りたくなるねん!」

 

長男長男

あっちでやろうぜ!

次男次男

移動しようか!

長女長女

早くねんねしなさい!

次女を寝かすために他の部屋であそぶ3人。

 

長男長男

いぇーい!とったー!

長男長男

今のは俺の方が早いで!

長女長女

もうーうるさいー!

長女よ 「あなたのうるさいが一番うるさいから!」

大きな3人の声がするたびに寝かけている次女は目を覚ましてしまう。

結局、午前睡ができないままお昼ご飯の時間になってしまう。

 

次女次女

マンマ!マンマ!

食べることが楽しみな次女はご飯になると人格が変わったかのように食べ物を要求する。

 

長男長男

俺が食べさせたるわ!

次男次男

俺も手伝ったるわ!

長女長女

おにぎり食べさせてあげるわ!

次女の食事のお手伝いをする3人。

次女の周りを囲んで順番に口に運んでいく。

 

長男長男

はい、どうぞ!

次男次男

はい、どうぞ!

長女長女

はい、どうぞ!

3人よ 「喉詰まるから!もっとゆっくり食べさせて!」

しばらく食べていると、次女の目がうつろになっていく。

 

次男次男

あれ?どうしたん?

次女次女

マンママンマ。

長男長男

もう食べへんの?

次女次女

マンマ。

長女長女

もっといっぱい食べや!

次女次女

マン・・・。

次女よ 「寝るなー!頑張って食べてくれ!」

 

長男長男

寝るなー!

次男次男

起きてー!

長女長女

おーい、ねんねしたらあかんでー!

3人の呼びかけにも答えることができず、次女はご飯を食べている途中で寝てしまう。

 

長女長女

寝ながら食べるんちゃう?

長女は寝てしまった次女の口の中に無理やりおにぎりを入れようとする。

長女よ 「寝ながら食べないから!やめてくれ!」

休日に平日と同じ生活リズムで過ごすのは難しい・・・。

生活リズム

スポンサーリンク