朝はセミの鳴き声で起きるほど、たくさんのセミがいる季節に。

セミの鳴き声を聞くと、ウズウズしだす、不思議な男たち。

 

次男次男

めっちゃ、セミの鳴き声聞こえるやん!

長男長男

ほんまやなセミ捕りに行きたいなー!

次男次男

行きたい行きたい!

長女にもセミ取りに行くか聞いてみる長男。

 

長男長男

一緒にセミ取り行く?

長女長女

行かない!セミが動いてなかったらいいけど動くんやったら行かない。

長女よ 「動かないセミって死んでるやんか!」

 

次男次男

えっ!どうすんの?セミ取り行くの?

長女長女

だから行かないって!

次男の確認にイラッとする長女。

女子はなぜか虫が苦手。

長女は腕に蚊がとまっただけで「ぎゃー」と叫ぶほどなのでセミを掴めるはずがない。

結局は男3人で近所の公園へセミ取りに。

公園につくとセミの鳴き声がする方へ猛ダッシュし大声を出す。

 

長男と次男長男と次男

セミどこや!どこで鳴いてんねや!

長男・次男よ 「静かにしろよ!セミが飛んで逃げてしまうやないか!」

公園の木は高くて虫網が届かないような場所にセミがとまっている。

 

長男長男

あんな高いところやったら届かへんやん!

次男次男

あっ!セミの抜け殻がある!

長男長男

どこどこ?ほんまや!セミの抜け殻集めようや!

次男次男

いいで、そうしよう。

早くもセミ取りを諦めてセミの抜け殻探しを始める。

 

長男長男

あった!

次男次男

こっちもあった!

長男長男

低いところにいっぱいあるな!

次男次男

めっちゃあるなー!

しばらくすると虫かごいっぱいにセミの抜け殻が集まる。

虫かごの中のセミの抜け殻を見ていた次男が大きな声で叫ぶ!

 

次男次男

動いてるやつがいるで!

抜け殻から成虫になっていないセミの幼虫を発見。

長男と次男は珍しいので必ず家に持って帰ると言い出すと思いきや・・・。

 

長男と次男長男と次男

動いてるやつはいらんな!

長男・次男よ 「いらんのかい!抜け殻のほうがいいんかい!」

動いている珍しい幼虫は木に戻し、抜け殻だけを持って帰る。

 

次男次男

こんなんやったら虫網持ってこんでよかったな。

次男よ 「ほんまやで!ただのセミの抜け殻集めやから!」

虫網だけではなく、暑い中、公園までも来る必要はないから・・・。

セミ捕り

スポンサーリンク