休日は長男が習っているサッカーの試合を観戦しにいく。

普段は家で昼寝をしている次女もサッカーを見るとの事で一緒に観戦へ。

 

次女次女

サッカー行くの?サッカーするの?試合?

サッカーが何かわかっているのか、わかってないのかわからない次女。

グラウンドに到着すると長男は集合場所へ行き、次男と長女は意味もなくグラウンドを走り回る。

次男・長女よ 「走るな!邪魔になるから!」

 

次男次男

運動会の50メートル走の練習しなあかんから!

次男よ 「今せんでいいやろ!学校の体育の授業でやってくれ!」

次男と長女が走る姿を見た次女も当然のように走り始める。

 

次女次女

よーいどーん!

次女よ 「真似しなくていいから!」

長男の試合が始まると次男と長女はおとなしく観戦。

 

次女次女

ベビーカーに座る!

次女よ 「長男の試合が始まったんですけど・・・。」

 

次女次女

ベビーカーに座っておやつ食べる!

次女よ 「おやつかい!なんでこのタイミングで食べるんや!」

走り回られるよりもいいのでベビーカーに座らせておやつを食べる次女。

長男が1点を決める。

 

次男次男

おー、点入れた!

長女長女

ナイスシュートー!

次女次女

何?入った?イェイ、イェイ!お茶とって。

次女よ 「自由か!」

おやつを食べ終わった次女はベビーカーからおりて試合を見始める。

 

次女次女

サッカーしたいなー!

サッカーに興味を持ち始めた次女はサッカーをやりたいと言いだす。

 

次女次女

あそこ行く!

長男が試合をしているチームのベンチを指さす。

次女よ 「あなたが行ったら邪魔でしかないから!」

転がっているボールを見つけた次女。

 

次女次女

サッカー!サッカー!サッカー!

ボールを蹴りながらサッカーと声を出す。

次女よ 「上手いやんか!めっちゃ蹴ってるやん!」

普段から長男や次男が足でボールを蹴っているのを見ている次女。

手を使うことなく足でボールをきちんと蹴っている。

 

次男次男

上手いやん!ドリブルは?

次女次女

ドレブル?

次男次男

ドリブルはこうやって足でボールを運んでいくねん!

次男にドリブルを教えてもらう次女。

 

次女次女

ドレブル!ドラブル!トラブル!

次女よ 「トラブルになってる!」

ボールを転がしながら前にドリブルをする次女。

次女よ 「これまた意外と上手いやんか!」

褒められた次女は満足げな表情になる。

 

次女次女

よし、行こうか!

次男次男

どこに行くねん!

次女次女

試合に!

次男次男

なんで試合に行くねん!

次女次女

出る!

次女よ 「出れるかー!ウォーミングアップはバッチリやからみたいな顔をするな!」

 

次女次女

試合でたいのー!

その後も次女は試合に出たいと言い続けてワーワーと泣き叫びだす。

試合の意味が分かっているのかわかっていないのかもよくわからない。

一旦、落ち着かせてベビーカーに一度座らせる。

ベルトをしてお茶を飲ませてあげようとするとスースーと音がする。

次女よ 「寝とんかい!はやっ!眠くてぐずってただけかい!」

家で昼寝をしてたらよかったのに・・・。

"サッカー観戦/

スポンサーリンク