ラウンドワンのスポッチャを初体験。

色々なスポーツやゲームが自由にできるという事で子ども達は大興奮。

長男と次男はフットサルやバスケットなどのボールを使う遊びに向かう。

次女はボールプールがあるキッズスペースに直行する。

長女は初めてのローラースケートに挑戦する。

 

長女長女

スケートやってみる!どれをつけるの?

まずは足にローラースケートを履く。

 

長女長女

うわー、立たれへんやん!おー、めっちゃ危ないやん!

スケートを履いたらヘルメットをかぶる。

 

長女長女

ヘルメットめっちゃでかい!前が見えへん!

後は肘・膝・手首にプロテクターを装着する。

 

長女長女

こんなにつけるの?なんかロボットみたいになったでー!

長女よ 「装備は完璧です!」

大人の手を持ちながらゆっくりとリンクへ向かう。

リンクに入ってローラースケートに挑戦する。

 

長女長女

えっえっ!おーおー、あー!痛っ!こけた!

長女よ 「慣れるまでこけるのは仕方ない!」

 

長女長女

おーおー!いたー!これで、よく、いたー!立てるな!いたー!

長女よ 「それにしてもこけすぎやろ!まだ立つことすらできてないやないか!」

長男と次男がリンクに来て長女がローラースケートをする姿を見る。

 

次男次男

めっちゃおもしろそうやん!俺もやりたい!一緒にやろう!

長男長男

俺はいいわ!

次男次男

なんで?

長男長男

危ないから!

次男次男

危なくないやろ!ヘルメットつけてるし!

長男長男

俺はいいって!

次男次男

こんなん簡単やのに!

長男よ 「行けよ!やる前からビビるなよ!」

次男よ 「やったことないのによく簡単とか言えるな!」

次男は長男を置いてスケートを装着しに行く。

 

次男次男

よし、これで完成!プロテクターつけたで!

次男よ 「肘・膝・手首のプロテクター間違えまくってるから!」

 

次男次男

これ、どれをどこにつけるかわからへんねん!でもいいよ別に!こけないから!

次男よ 「その自信はどこからきてんねん!」

次男がリンクへ向かう。

長女はその間も練習していたので立って少し進めるようになっている。

 

長女長女

おーい、見てー!こっちやで!

次男次男

待っててや!すぐに行くから!

次男がリンクに入る。

 

次男次男

おー、滑るなー!いたー!

次男よ 「いきなりこけてますやん!」

 

次男次男

ちょっと待ってやー!すぐに立って行くから!あれ?いたー!ちょっと、いたー!立てない!いたー!

次男よ 「生まれたての子羊か!」

何度も立とうとするもバタバタとこける次男。

 

長男長男

ギャハハ!!あいつ全然できてないやん!

リンクの外から長男が大爆笑する。

 

次男次男

うるさい!いたー!こんなん!いたー!簡単やから!いたー!

長男長男

ギャハハ!めっちゃおもしろい!

次男次男

おい、笑うなや!やってみろや!めっちゃむずいねんぞー!

次男よ 「むずいんかい!あれだけ簡単って言っとい!」

めちゃくちゃ時間をかけてなんとか長女の所までたどり着いた次男。

 

次男次男

あー、足痛い!

長女長女

見てー!上手になってきたでー!

次男次男

おー、すげーな!

長女長女

手を持ったろか!

次男次男

いいわ!ちょっとちょっと持たんといて!いたー!

長女よ 「すごいな短時間で上達してるやん!」

リンクの端を持ちながらなんとか一周してきた次男。

 

次男次男

もうええわ!終わる!

次男よ 「終わるんかい!こけに行っただけやないか!」

 

次男次男

これは危ないわ!あかんやつや!

次男よ 「どないやねん!簡単なんちゃうんかい!」

長女はその後も制限時間まで一生懸命練習しどんどん上達して終了。

 

長女長女

あー、楽しかった!夢ができた!スケートの選手になる!

長女よ 「単純!」

満足した長女と笑いものになっただけの次男。

次男はもう二度とスケートをすることはないやろな・・・。

"スポッチャ/

スポンサーリンク