食べることが大好きな次女。

食事の準備を始めると、一番先にテーブルへ向かう。

 

次女次女

マンマー!マンマー!

早く食べさせろというような声はどんどん大きくなる。

 

次女次女

マンマンマー!マンマー!

次女よ 「わかったからちょっと待ってくれ!」

 

次男次男

めっちゃでっかい声やなー!

次女次女

マンマー!

次男次男

わかったから!

長男長男

俺も準備手伝うわ!

長男が配膳のお手伝いをしてくれる。

お盆でご飯を運ぼうとすると。

 

長女長女

お盆持ちたい!ご飯配ってあげるわ!

長女が配膳の手伝いをしたいと言いだし長男が運ぼうとしていたお盆を奪い取る。

ご飯茶碗をお盆に乗せてゆっくりとテーブルへ運ぶ。

長女がご飯を運んでいる姿を見つけた次女が突進してくる。

 

次女次女

マンマー!

長女長女

あー、こぼれる!

「ガシャーン!」

ご飯茶碗が床に落ちてお米が散乱してしまう。

 

長女長女

もー、あんたは何をしてんの!邪魔せんといて!

長男長男

あーあー、俺が運んだらこんなことにならなかったのに!

長女長女

そんなこと言わんといて!うるさい!

長男長男

だってお前のせいやろ!

長女長女

違うわ!

長男・長女よ 「そんなことどうでもいいから早く落ちたご飯を拾ってくれ!」

長男と長女がケンカをしている間に落ちたご飯をじっと見つける次女。

 

次女次女

マンマ!

次女よ 「もうすでに落ちたご飯を拾って食べてるやないか!」

次男に次女を見てもらい、長男と長女で急いで落ちたご飯を片づける。

やっとこさ落ちてるご飯を片づけて、いただきますができる状態に。

次女をイスに座らせて食べ始めると次女はすごい勢いで食べ始める。

次女よ 「お待たせ!お腹すいてたんやな!」

大人のペースで食べるのに我慢ができなくなった次女は手づかみで食べ始める。

次女よ 「どんなペースで食べるねん!ほんでほとんど落ちてるやないか!」

 

長女長女

めっちゃ落としてるで!汚ないなー!

長男長男

せっかく床きれいにしたのに!また汚してるやんか!

次男次男

もー、明日も汚すねんからそのままでいいやん!

次男よ 「落ちた食べ物をそのままにしたらあかんやろ!カピカピなるわ!」

床を何度掃除しても、気がつけばすぐに食べ物が床に落ちている・・・。

このイタチゴッコはどうにかならんのか・・・。

手づかみ食べ

スポンサーリンク