前から映画を見に行きたいと言っていた子ども達。

祖父母に連れて行ってもらう事はあるが、家族では行ったことがない。

みんなで行きたいとの気持ちを実現するため、次女も映画館デビューする。

映画はトイストーリー4を見ることに。

映画館初体験の次女は映画館経験者の3人にアドバイスを受ける。

 

長男長男

おっきいテレビが見れるで!

次女次女

えっテレビ?

次男次男

そうそう、めっちゃ音がでかいで!

次女次女

音大きいの?

長女長女

ポップコーンが食べれるで!

次女次女

マンマする!

長女よ 「誰がポップコーンを食べるって言うたんや!」

次女よ 「おやつ食べる気になってもうてるやん!」

定番なので仕方なくポップコーンを買ってシアタールームに入る。

 

長男長男

恐くないから大丈夫やで!

次女次女

怖くない?

次男次男

真っ暗になるけど大丈夫やから!

次女次女

まっくら?

長女長女

ポップコーン甘いキャラメル味がするねんで!

次女次女

キラメル?

長男・次男よ 「不安になりそうなことを言ったあとに大丈夫って言うなよ!」

長女よ 「ポップコーンの話はももええねん!」

みんなは初めての映画館で次女が怖がると思っているのか優しく声をかけてあげる。

次女はみんなに声をかけられても無言で歩き、暗闇を迷いなく進みイスに座る。

 

次女次女

おやつ食べる!

次女よ 「いきなりお菓子かい!」

おやつを食べながら番宣映像が流れ始める。

 

次女次女

テレビおっきいなー!音おっきいなー!

次女よ 「怖がるどころかテンションあがってるやん!」

 

次男次男

すごいなー!怖がれへんやん!

長男長男

ほんまやな!俺、初めて映画館きたとき泣いたで!

長男よ 「君は泣いてたどころか中に入ることもできなかったから!」

本編が始まると長男・次男・長女は真剣にスクリーンを見る。

次女はキョロキョロと周りを見てはポップコーンをひたすら食べる。

次女よ 「画面ほぼ見てないやん!」

トイストーリーの物語が進み、先割れスプーンのキャラクター、フォーキーがでてくる。

フォーキーが出てくると急に次女がスクリーンをじっと見つめ始める。

 

次女次女

キャハハ、フォーキー!おもしろいなー!フォーキー!

次女よ 「フォーキーが気に入ったんや!」

その後もフォーキーが画面に出てくるとスクリーンを見て、でてないときはキョロキョロと周りをみる。

しばらくするとキョロキョロすることもなくなる。

 

次男次男

見てー!寝てんで!

次男が次女を指さして教えてくれる。

次女よ 「寝とんかい!」

次女は映画の半分以上の時間をぐっすりと昼寝する。

映画が終わり、エンドロールが流れ始める。

 

次男次男

あー、おもしろかったなー!

長男長男

めっちゃおもしろかった!フォーキーおもしろかったな!

長女長女

なんかフォーキーって簡単に作れそうじゃない?

次男次男

帰ってからフォーキー作ろうや!

3人がトイストーリーの話で盛り上がる中、次女が目を覚ます。

 

次女次女

あれ?フォーキーは?終わった?

次女よ 「おはよう!よく寝たな!」

次女はポップコーンを食べて少し映画を見てほぼ寝るという映画デビュー。

それでも家に帰ってからトイストーリーのパンフレットやチラシを見つけると嬉しそうな次女。

 

次女次女

見てー、フォーキー、これもフォーキー。

次女よ 「なんか勘違いしてるよな!」

ウッディ・バズを見てもフォーキーという次女。

映画のタイトルもフォーキーやと思ってるんやろな・・・。

新しい単語を覚えた次女。

いつまで続くかフォーキーブーム・・・。

"トイストーリー4/

スポンサーリンク