週末に大寒波が到来し、各地で雪が観測。

土曜日の夜に雪が降り出した段階でテンションの上がる子どもたち。

 

長男長男

あっ!雪降ってきた!

次男次男

おー雪降れー!いっぱい降れー!

長女長女

雪やコンコンやな!

あまり見ることのない雪に興奮する子どもたち。

 

長男長男

明日、雪積もったらいいのになー。

次男次男

ほんまやなー。雪合戦したい。

長女長女

雪だるま作ろー!

3人とも翌日に雪が積もってほしいと願いながら、それぞれ雪遊びについて話しながら眠りにつく。

翌朝になり、外をのぞくと雪景色。

次男が一番に起きて、外を見る。

 

次男次男

うわー。みっみんなすげーぞ!雪が降って凍って外が雪ばっかりで白く降ってる!

次男よ 「興奮しすぎて何を言っているのかわからん!」

次男の声に普段なかなか布団から出れない長男もパッと起きて外をみる。

 

長男長男

ほんまやー。すげー。雪積もってる!

長男よ 「いつもそうして起きろよ!」

最後に姫も目が覚める。

 

長女長女

もうわかったから!まだねんねする!

姫よ 「あれ?想定外の反応やね!」

不機嫌な姫をよそに、長男と次男は寝起きからハイテンション。

 

長男長男

外行っていい?

次男次男

ほんまや。外行っていい?雪合戦したい。

長男・次男よ 「寝起きすぎるから!よく起きてすぐ外行こうとか思えるな!」

我慢ができない長男と次男は着替えて外に出る。

寝ぼけている姫は長男と次男が外に行くと言うと、ついていくと言い出す。

姫よ 「行くんかい!寝るんちゃうんかい!」

結局、姫も一緒に外にでる。

3人とも起きてすぐに雪遊びをする。

大寒波到来

長男長男

うわー。めっちゃ積もってるやん!雪ボール作ろ!

次男次男

すごいな。雪いっぱいや!雪だるま作ろう!

長女長女

雪って食べれるの?

3人とも雪合戦をやろうとしたり、雪だるまを作ろうとしたり、雪を食べようとするも・・・。

 

長男長男

あかん!手が凍った!家戻るわ!

次男次男

あかん!冷たい!顔が凍った!家戻ろう!

長女長女

もう寒いから家戻る!

3人よ 「何しに外にでたんや!雪への抵抗力なさすぎるやろ!」

結局、数分で雪遊びをリタイヤし、家に戻る。

 

3人3人

お腹すいたな。

現実に戻った3人。

都会っ子やな・・・。

スポンサーリンク