夕食のデザートに甘夏みかんを剥いてあげることに。

皮を剥く前から待ちきれない次男と長女。

 

次男次男

みかんまだー?早く食べたい!

長女長女

大きいみかん早く食べたい!

皮が大きく硬いので剥くのも一苦労。

まだ待ってと伝えてから数秒後に、また次男と長女が寄ってくる。

 

次男次男

みかんまだー?

長女長女

早く食べたい!

頑張って剥いているから待ってと伝えても、また数秒後に寄ってくる。

 

長女長女

早く大きいみかん食べたい!

次男次男

もー、なんでそんなに時間がかかるん?

次男・長女よ 「待ってくれよ!時間かかるわい!」

やっとの思いで剥けたみかんをテーブルに置く。

 

長男長男

いえーい!みかんきたでー!

次男次男

食べるでー!

長女長女

食べるー!

一斉に食べだした3人。

数秒で全てが無くなる。

(あれだけ時間がかかって剥いたのに・・・。)

やっとの思いで剥いたみかんも食べだすと一瞬でなくなる。

 

長男と次男長男と次男

ごちそうさまでした!あーおいしかった!

お皿を下げようとすると長女が止める。

 

長女長女

ちょっと待って!みかんまだ残ってる!

バラバラになっているみかんの残りをご飯のように食べる長女。

 

長女長女

パパが頑張って剥いてくれたから、おいしいわ!

長女よ 「なんて優しい言葉!やっぱり男たちとは違うな!」

長女の優しい声かけに感動。

残りをきれいに食べきった長女に「また食べたい?」と聞く。

 

長女長女

大きいみかん、剥くの遅いからもういいわ!

長女よ 「感動した気持ちを返してくれ!」

どんだけ待つのが嫌いやねん・・・。

甘夏みかん

スポンサーリンク