長男と次男と長女の3人でできるトランプ遊びとして神経衰弱とババ抜きがある。

最近になって3歳の長女も一人でできるようになった、ババ抜き。

一人でできるようになったのが嬉しい長女はババ抜きをやりたがる。

 

長女長女

なーなー、ババ抜きしようや!

長男長男

いいで!ババ抜きしよう!

次男次男

どうせならでっかいトランプでやろうや!

次男の意見でクリスマスの時に買ったビッグトランプでババ抜きをすることに。

 

次男次男

俺が配ったるわ!

長女長女

いやや!配りたい!

次男次男

もー、できへんやろ!

長女長女

できる!配れる!

長女よ 「大きいから配るの大変やで・・・。」

大きなトランプを一枚一枚、長女が配りだす。

 

次男次男

早く配れや!

長女長女

今やってるやろ!

次男次男

遅いねん!さっさと配れや!

長女長女

うるさい、静かにしといて!

時間がかかりながらも長女が配り終えると次は同じ数字を出す作業がある。

 

次男次男

はい、できた!俺はあと4枚!

長男長男

あー、俺はこんなにもあるわ!

長女長女

ちょっとまってやー。

次男次男

早くしろよ!遅いねん!

長女長女

うるさい、静かにして!

長女よ 「大きいから揃えるの大変やで・・・。」

次男よ 「そもそも、何で大きいトランプを選んだんや!やりにくいやろ!」

なんとか同じ数字を出し終わり、やっとババ抜きスタート。

 

長女長女

ちょっと、待って!ババ持ってるから、抜くわな!

長女よ 「ババを抜くな!最初にババを抜いてどうするねん!」

 

長女長女

ババ抜きやろ?ババっていらんねやろ?

次男次男

あほか!ババが最後まで残った人の負けじゃ!

長女長女

あー、間違えた、そうやったそうやった!

最初にババを抜く長女の意味不明な行動とやり取りが終わって再スタート。

スタートして、次男が何かに気付く。

 

次男次男

なーなー、トランプが大きすぎて全部見えてんねんけど!

長女と次男の手ではトランプを取り数字を揃えるときにトランプが見えてしまう事に気づく。

次男よ 「だから何で大きなトランプを選んだんや!」

 

長男長男

まー、いいやん!そのまま続けようや!

結局、そのままババ抜きは進み、長女の持っているトランプが見えている次男はババを取らないで数字ばかりを取る。

長男が一番になくなり、次男も2番でなくなり、ババは長女から移動しないで終了。

 

長女長女

やったー、ババが残ったー!一番や!

長女よ 「ババを最後まで持ってたら負けやから・・・。勘違いしてるし・・・。」

長男・次男よ 「こんなババ抜き何がおもろいねん!」

ババを取ることなく終了した長男と次男はなんともおもしろくない表情。

ババを最後まで持っていた長女は一番になったと思い喜びの表情。

 

長女長女

もう一回しよう!

長女よ 「やめとこ!」

配るのと揃えるのに時間がかかり、始まれば一瞬で終了するババ抜き。

何でこんな大きなトランプを買ったんやろ・・・。

トランプ

スポンサーリンク