ブロック遊びが大好きな次女。

手先が器用になってきて長い時間集中して遊べるようになっている。

レゴブロックや型はめブロックを見つけると一人で遊びだす次女。

 

次女次女

カチテー!カチテー!

ブロックを渡すとまずはくっつけていく作業。

 

次女次女

ペッタン、ペッタン!

高く積み上げたり、横に長くつなげていく。

 

次男次男

手伝ってあげるわ!ちょっと貸してな!

次女次女

いやや!メンメ!

次男次男

おい、貸してくれへんぞ!

長男長男

俺なら貸してくれるやろ!ちょっとブロック貸してな?いい?

次女次女

いやや!メンメ!

長男よ 「俺なら貸してくれるやろの自信はどこからきたんや!」

長男と次男がブロックを触ろうとしたら怒りまくる次女。

 

次男次男

おい、それより、この足の向き大丈夫か?

長男長男

うわー、ほんまや、折れてるやろ!なんかおかしい方向に向いてるで!

関節がやわらかい次女はブロックに集中していると足の方向がおかしくなる。

 

次男次男

これは間違いなく骨折れてるで!

長男長男

でもめっちゃ普通にブロックしてるから大丈夫やろ!

次男次男

ちょっと聞いて見て。

長男長男

いいで、足が変な形に曲がってるけど大丈夫?

次女次女

いやや、メンメ!

長男・次男よ 「折れてないから!赤ちゃんの関節はやわらかいから大丈夫!」

しばらく集中してブロックをしていた次女が急に立ち上がり、違うブロックを取りに行く。

 

次男次男

ほんまや!足折れてないな!大丈夫やわ!

違うブロックで遊びだした次女はまた変な方向に足を曲げて座っている。

 

長男長男

おい、また足がおかしなってるで!大丈夫なんか!

次女次女

いやや!メンメ!

長男長男

足の事を心配してあげてんねん!

次女次女

いやや、メンメ!

長男長男

もういいわ!

次女次女

いやや!メンメ!

次女よ 「さっきから、いやや、メンメしか言ってないから!長男の話を聞いてあげて!」

ブロックに集中している次女は足の方向なんかまったく気にならない様子。

長男と次男の声掛けにも「いやや、メンメ」とそっけなく対応する。

次女の近くに他のおもちゃを出しても見向きもせず、ブロックに集中する。

すごい集中力を発揮する次女。

 

長女長女

ご飯食べるでー!

長女がみんなに声をかける。

 

次女次女

マンマ!

ご飯の言葉に反応した次女はブロックをあっさりポイッとほったらかす。

 

長男長男

ブロック使うで?いいの?使っていい?

いじわるな長男がわざと次女に声をかける。

 

次女次女

いい!

次女よ 「いいんかい!あれだけ、いやや、メンメといって触らせなかったブロックやけど!」

食べ物に勝るものはないか・・・。

ブロックに集中

スポンサーリンク