イオンへ買い物へ行くと子どもの目を引くヴィレッジバンガード。

おもしろい雑貨や本などがあるお店で店内外に並べられた雑貨を見つけると必ず子どもは見たがる。

 

長男長男

見てー!おもしろそうなおもちゃがあるで!

次男次男

あっ!スターウォーズや!

長女長女

あっ!プーさんや!

長男長男

中に入ってみようや!

次男次男

おもしろそうやな!行こう!

長女長女

行こう!

店内に入ると、触って見たくなる雑貨がたくさんある。

手にとり見ては置いて、見ては置いてを繰り返す。

店の外で次男が何やら発見。

 

次男次男

おーい!なんかすごいの見つけたで!めっちゃ怖い!

次男の声かけに集まる長男と長女。

3人が見たのはローマにある真実の口を真似た占いゲーム機。

 

長男長男

これって何するもんなん?

次男次男

口の中に手をいれるんちゃう?

長女長女

これ怖い!

長男長男

誰か、手を入れてみてや!

次男次男

いややな、なんか。

悪い事やいじわるな事をしている人は手をいれたら噛まれると伝えると3人は怖がり出す。

 

長男長男

俺、手を入れるんやめるわ。

次男次男

俺もいいわ。

長女長女

いじわるしてないけどやめる。

3人よ 「悪い事いじわるな事に心当たりがありすぎやろ!」

長男と長女は手を入れることを断固たる拒否するが、次男は好奇心が強いので、手を入れてみたい様子。

それでも悪いこといじわるな事をしたことがあると思っているのか、手を入れるのをためらっている。

 

次男次男

悪い事ってどんなんが悪いこと?ご飯残したとか?今はしてなかったら大丈夫?

悪い事はきちんと謝って終わったことなら大丈夫と伝える。

 

次男次男

いじわるな事ってどんなんがいじわる?皆を待たないで、ご飯を勝手に食べたとか?今いじわるしてなかったら大丈夫?

次男よ 「悪い事いじわるな事がご飯がらみしかないのか!」

これからいじわるな事をしないなら大丈夫と伝える。

 

次男次男

ほんなら、手を入れても噛まれることはないやんな?俺、あとなにか問題ある?

次男よ 「知らんがな!自分の事やろ!ほんで、なんでそんなに手を入れたいねん!」

恐怖より興味の方が上回る次男。

ゆっくりと手を真実の口の中に入れる。

 

次男次男

あれ?なんにもないで!これだけ?あー、やっぱり俺はなんにも問題ないんやな!かしこいんや!

次男よ 「あれだけ怖がっといてよう言うな!かしこくはないやろ!」

一度手を入れた次男は急に強くなる。

 

次男次男

次誰がやる?はよ手をいれーや!

次男は長男と長女の手を無理やり真実の口の中に入れようとする。

次男よ 「それがいじわるですけど・・・。」

真実の口

スポンサーリンク