我が家のリビングに置いている室内用ジム。

すべり台・ジャングルジム・ブランコか鉄棒が一体になっている。

次女が赤ちゃんの間は危ないからと外していたブランコ。

そろそろと次女も遊べるのでは?と思いブランコを取り付けてあげることに。

久しぶりにブランコを出してきたので取り付け方がわからない。

組み立てに長男と次男も参加しにくる。

 

長男長男

俺たちも手伝ってあげるわ!

次男次男

ドライバーは俺がするわ!

長男長男

説明書ここにあるで!

次男次男

そんなん見んでも取り付けれるやろ!

次男よ 「説明書を見ながらやろうぜ!」

次男が説明書を見ないままドライバーでいきなりネジを外したり取り付けたりする。

 

次女次女

ブーランブーラン!

次男次男

おいおい!ちょっと待て!まだ乗ったらあかん!

次女次女

まだ?

次男次男

そう、まだ!

次女次女

ブーランブーラン!

次男次男

まだやって言ってるやろ!

次女次女

まだ?

次男次男

そう、まだ!

次男よ 「説明書を見たほうがいいんじゃないのか!」

次女よ 「もはや、あかんって言われるのわかっててやってるやろ!」

結局、次男ではブランコを取り付けることができないので長男に手伝ってもらう。

長男は説明書を読みながら組み立てていく。

 

長男長男

これがこうやから、ここにはめるんやな!ほんでここのネジを回すんやわ!

長男よ 「さすがやな!説明書を読むと早い!」

大人も手伝いブランコの取り付けが終わる。

 

長男長男

できたー!ブランコ乗ってみようか!

次男次男

俺が先やで!

長男長男

俺が組み立ててんから俺が先やろ!

長女長女

ブランコ乗りたい!

3人よ 「まだ乗るなよ!体重チェックするから!」

耐荷重が20kgまでなので3人とも体重を測ってみる。

まずは長男から体重を測る。

長男は余裕で20kgを超えているのでアウト。

 

長男長男

えー、俺そんなに重いんかー!残念!

長男よ 「そもそもブランコに乗りたがるなよ!」

つぎに次男の体重を測る。

20.8kgなのでギリギリアウト。

 

次男次男

うそー、そんなぎりぎりなん!ちょっとトイレ行って減らしてくるわ!

次男よ 「アウトはアウトやから!」

次に長女の体重を測る。

19.9kgなのでギリギリセーフ!

 

長女長女

やったーブランコ乗れる!

長女よ 「次男と体重が同じくらいやないか!」

長女と次女が交代しながらブランコで遊ぶ。

初めてのブランコに興奮する次女。

自分でこげない次女は何度も押してとアピールする。

ブランコに乗れない長男と次男は押す専門の人。

 

次男次男

俺たち全然面白くないやん!もう一回体重測ってみるわ!

どうしてもブランコに乗りたい次男はもう一度体重を測る。

結果は20.8kgと同じ体重だったのでアウト。

長女ももう一度、体重を測ってみる。

20.1kg。

長女よ 「なんで増えたんや!20kgを超えているのでアウト!」

原因不明の体重増加でブランコに乗れなくなった長女。

結局、次女だけがブランコを楽しむ。

3人は押す専門になり次女を楽しませてあげる。

納得のいかない長女は服とパンツを脱ぎ裸になる。

 

長女長女

19.8kgやで!やったー!

次男次男

俺もやってみよう!よっしゃー、19.8kgや!

長女・次男よ 「執念か!裸でブランコに乗らんとってくれ!ほんで同じ体重かい!」

長女と次男は裸でブランコに乗って遊ぶ。

その姿をみた次女はもちろん真似をして裸になる。

やっぱりブランコ片づけよう・・・。

"ブランコ/

スポンサーリンク