子ども4人が同時にお風呂に入るととても狭い。

順番に入ってほしいと伝えるもいつもみんなで入りたがる。

 

長男長男

俺が一番に入るわ!

次男次男

俺も入るわ!

次女次女

ジャーいくー!

長女長女

みんな入るなら入るわ!

長女よ 「みんなが入るなら後で入るわが普通やろ!」

長男が自分で頭を洗い始める。

次男は自分で体を洗い始める。

長女はおもちゃで遊び始める。

 

長男長男

おーい、誰かシャワーかして!

次男次男

今ちょっと使ってるから無理や!

長男長男

早く!頭流すから!

次男次男

もー、なんで頭から洗うねん!

次男よ 「どこから洗ってもいいやろ!」

長男がシャンプーのついた頭を流す。

 

長男長男

あれ?なんか泡が全然流れないで!なんかおかしい!

次女次女

プシュプシュしたー!

長男よ 「次女が頭にシャンプーつけまくってる!」

次女よ 「プシュプシュせんといて!」

次女に追いシャンプーされながら頭を洗い終わる長男。

長男が先に頭と体も洗い終わり湯船につかる。

次男も全て洗い終わり湯船につかる。

おもちゃで遊んでいる長女の体と頭を洗い終わり湯船に入れる。

長男・次男・長女が洗っている最中に滑ってこけまくっている次女。

次女もパッパッと洗い終わり湯船に入れる。

順番にあがってほしいと伝えるもみんなであがりたがる。

 

長男長男

俺が一番にあがるわ!

次男次男

俺も暑いからあがるわ!

次女次女

あがるー!

長女長女

みんながあがるならあがるわ!

長女よ 「みんながあがるなら後であがるわが普通やろ!」

結局、みんなであがり、足ふきマットは本来の性能を発揮できず、ビショビショになる。

長女と次女はもはや足ふきマットからはみでている・・・。

床もビショビショ・・・。

次女の体を先に拭き、長男が次女と一緒にリビングへ移動する。

次男と長女の拭き作業を手伝っていると長男が叫ぶ。

 

長男長男

うわー!えらいことなってる!

リビングへ行くと次女の顔が真っ白に・・・。

 

次女次女

ヌリヌリできたー!

次女よ 「勝手に保湿クリーム塗ってもうてるやん!」

長男よ 「ちゃんと次女を見とけよ!」

 

長男長男

ちょっとテレビを見てる間に!あっ、俺の背中にも塗ってるやん!

次女次女

ヌリヌリしたー!

次男次男

うわー、保湿クリーム人間や!ぎゃはは!

次男よ 「笑い事ではない!」

 

長女長女

何何?どうしたん?うわー、なんか踏んだ!

長男長男

うわー、保湿クリームの中身が飛び出した!

次男次男

ぎゃはは!

長女よ 「このタイミングでなぜ、踏むかな!」

次男よ 「笑ってる場合か!」

蓋がしまっていなかった保湿クリームのチューブ。

長女が踏んで中身が飛び出して床が保湿クリームまみれに。

誰が蓋をあけたまま置いてたんや・・・。って次女か・・・。

床についた保湿クリームをご丁寧に伸ばして遊ぶ次女。

次女よ 「床は保湿せんでいいから・・・。」

なんか風呂あがりってやること多いよな・・・。

"保湿クリーム/

スポンサーリンク