次男がクリスマスプレゼントでもらったスターウォーズのライトセーバー(ヨーダ)とスパイダーマンのお面。

クリスマスから1ケ月が経過し、ライトセーバーとスパイダーマンのお面で遊ばなくなってしまった次男。

あれだけ、欲しがっていたおもちゃなのに・・・。

姫が勝手に使おうとしても何も言わなくなった次男。

 

長女長女

これ使っていい?

次男次男

あーいいよ、使っても!

クリスマス後の数週間だったらありえない会話。

あれだけ、人が触ると怒っていたのに・・・。

あっさりと、使っていいとの返事。

姫はいっぱい使えるようになった分、すっかりライトセーバーとスパイダーマンのお面にハマッてしまっている。

ままごと遊びや人形遊びをあまりしなくなった姫。

仮面ライダーになったり戦隊シリーズの主人公になったりと2人の兄を見て育っているからしょうがないのか、中身が完全にメンズ化している・・・。

いつものように次男が使わなくなった、ライトセーバーとお面をつけて、何かになりきっている。

スパイダーマンとヨーダ

長女長女

よし!いいか!いくぞ!気を付けるんだぞ!そうだそれで大丈夫だ!

姫よ 「誰になりきっているのか全然わからない・・・。」

(誰と話をしているのか、誰に気を付けるのかさっぱりわからない・・・。)

 

長女長女

よーし!では戦いに行くぞ!ん?電気がつかない!あれ?

ライトセーバーのスイッチがわからない姫は、真剣な表情でスイッチを探す。

 

長女長女

電気がつかないから一緒に行けない!先に行っててくれ!ポポちゃん!

姫よ 「仲間はポポちゃんかーい!」

ポポちゃんと一緒に戦いに行こうとしている姫。

その様子を見ていた次男。

 

次男次男

ポポちゃん貸してや!いいよ。

姫からポポちゃんを貸してもらう。

 

次男次男

さーポポちゃん、注射を始めるからねー。

次男よ 「レディース化している・・・。」

色々なおもちゃがあるっていいよね・・・。

スポンサーリンク