寝返りができるようになってきた次女。

よだれも増えてきて口の近くにきた物をなんでも舐めようとする。

手の動きがきちんとコントロールできないのでおもちゃをつかんでもすぐに落としてしまう。

たまたま顔の上に落ちた歯固めのおもちゃが顔に乗ったまま取れない次女。

その様子を見ていた次男が、歯固めをとってあげる。

 

次男次男

顔におもちゃ乗ったまま、ぺロぺロしてたで!

長男長男

そうなん!俺見てない!どんなんやったん?

次男次男

これが、こうなっててん。

次女がなっていた状況を長男に説明する次男。

 

長男長男

えー、見たかったなー。

長男よ 「そんなことを本当に見たいと思っているのか!」

持っている歯固めを次男が次女に渡す。

次女はゆっくりと手を伸ばしつかむと、また顔の上に落としてしまう。

 

次男次男

ほら、見て!またなってる!

長男長男

あー、ほんまや!鼻に引っかかってるやん!

次男次男

首を動かして取ろうとしてるわ!

長男長男

ほんまや!

長男と次男長男と次男

ギャハハ!おもろい動きやな!

長男・次男よ 「助けてあげろよ!歯固めをとってあげろよ!」

次女の動きがおもしろいようで、その後も何度か渡してみるが次女の顔に乗らなくなる。

 

長男と次男長男と次男

乗れへんくなったな。おもしろくないなー。

その様子を見ていた長女がやってきて、歯固めを次女の顔の上に置く。

長女よ 「ストレートで顔に置いたらあかんから!手に渡してあげて!」

注意するも長女は何度も次女の顔に歯固めを置く。

 

長女長女

手で持たれへんから顔に置いたろ!

長女の行動を見た長男と次男はさらに大爆笑。

 

長男と次男長男と次男

ギャハハ、そのまま顔に置きよった!またペロペロしてとれなくなってるやん!

長男・次男よ 「笑てる場合やないわ!長女をとめろよ!」

長女にとって次女はまだまだおもちゃのよう・・・。

いつになったらお姉ちゃんらしくなるのやら・・・。

歯固め

スポンサーリンク