2歳の姫はイヤイヤ期の最終形態に突入中。

何でもイヤイヤ!なんでも自分で自分で!

最強で最高の2歳児!

2歳児には恐いものはない、無敵の2歳児!

そんな毎日の振る舞いにイライラせず付き合ってあげる余裕がないと大人は疲れる。

洗濯物を片づけようとすると。

 

長女長女

洗濯たたむの手伝ったろか?

「結構です。」とは言えない大人・・・。

 

長女長女

しょうがないから、手伝ってあげるわ。

いちいち、イラッとする言い方をされるも「お願いします。」と言う大人・・・。

ただ手伝いをするのかと思いきや・・・。

 

長女長女

全部、自分でするから、あっち行って!

姫よ 「洗濯物が片付かんわ!」

そんな大人の気持ちをわかることはなく、一人で洗濯物をたたみだす。

タオルを1枚たたむのに、何度も何度もひらひら、パタパタさせ、やりなおしながら3分くらいかかる。

Tシャツやトレーナーなどになると・・・。

 

長女長女

できない!くしゃくしゃなってる!もーいや!

結局、きれいにたためてたタオルまで投げ飛ばし、散らかす・・・。

「手伝わなくていい。」と言うと

 

長女長女

いや!手伝う!全部自分でたたむ!

姫よ 「どんなメンタルやねん!」

さすが、最強の2歳児!

そして、大人の最終兵器、魔法のことばを唱える。

「おやつ食べる?」

 

長女長女

食べる!洗濯もうしない!おやつ食べる!

そして、全てをやめてひたすらおやつを食べる・・・。

(おやつを作った人、天才やな・・・。)

洗濯物を片づける

スポンサーリンク