子どもたちが毎年楽しみにしているクリスマス。

今年も全員でクリスマスツリーの飾りつけをする。

 

長男長男

ツリーに飾りつけしたい。

次男次男

俺もツリーに飾りたい。

長女長女

飾りたい。

まずは収納してあったクリスマスツリーを開封。

 

3人3人

よーし開けるで!せーの!

長男長男

おー!白いツリーや!

 
次男次男

なんか細いツリーやな!

 
長女長女

クリスマスツリーやー!

箱に収納しているツリーは葉をたたんでいる事を説明し、葉を広げる。

長男と次男で下から少しづつゆっくりと広げる。

姫もやろうと葉を引っ張る。

ツリーが倒れる!

 

長男長男

あーあ!倒れたやんかー!

 
次男次男

引っ張りすぎやねん。

 
長女長女

・・・・。

ツリーを戻して、もう一度広げる。

長男と次男は真剣な表情でツリーの葉を広げる。

姫もやろうと葉を引っ張る。

ツリーがまた倒れる!

 

長男長男

もー触るなや!やってんねんから! 

次男次男

どっかいけや!すんな! 

長女長女

えーん。(泣く)

本体が大きいのに下の土台は小さく不安定なツリーなのでしかたがない。

姫は長男と次男に怒られてもツリーを触ろうとする。

そして姫が触るとツリーは倒れる!

 

長男長男

もーできへんやんか! 

次男次男

なんですぐに倒れんねん!

 
長女長女

えーん。(泣く)

ツリーよ 「もっとしっかりしろよ!」

バランスの悪いツリーもなんとか完成し飾りをつけることに。

我が家の飾りは普通の飾りの他にそれぞれが作った作品・ゲームの景品・キーホルダーなど好きなものを装飾する。

 

長男長男

俺はツリーに飾りつけしたい。

次男次男

俺はドアにシール貼りたい。

長女長女

シール貼りたい。

100均や300均で購入した飾りシールをドアや壁やタンスなどに貼るのも我が家流。

それぞれ役割分担して飾ることに。

長男はクリスマスツリーの飾りつけ担当に。

次男と姫はドアの飾りつけ担当に。

高いところは大人が協力して飾る。

 

次男次男

飾りつけしながらサンタさんにお願いごとをしようや!

次男が急に思いついた提案に長男も賛成する。

長男がツリーに飾りをつけながら願い事をする。

 

長男長男

サンタさん、動物戦隊ジュウオージャーのおもちゃ買ってください。

長男よ 「ジュウオージャーの放送もうすぐ終わるぞ!」

次男がドアにシールを貼りながら願い事をする。

 

次男次男

サンタさん、聞いてますか?ひげはありますか?おもちゃをいっぱい持ってきてください。

次男よ 「サンタのヒゲがそんなに気になるか?」

姫が次男の貼るシールを剥がしながら願い事をする。

 

長女長女

サンタさん、おやつを大盛り食べたい!

姫よ 「また食べること・・・。大盛りって言葉いつの間に覚えたんや!ほんでシールを剥がすな!」

半日かかってクリスマスの飾りつけが完成!

クリスマス飾り

クリスマスツリー

部屋を暗くしクリスマスツリーを点灯する。

 

長男と次男長男と次男

おー、きれー!すげー!

長女長女

もーお腹すいた・・・。

感動の瞬間も姫はマイペース・・・。

 

スポンサーリンク