同じおもちゃであまり遊ぶことのない3人が珍しく一緒に遊んでいる。

 

長男長男

一緒にブロックしようか!

次男次男

いいよ!一緒になんか作ろうか!

長女長女

いいよー!

長男と次男は戦いごっこや体を動かす遊びを好み、姫はおままごと遊びなど座って遊ぶことが多い。

3人が揃って遊べるおもちゃはLEGOブロックしかない。

普段はサイズの大きなLEGOブロックで遊んでいるが、姫の手先が器用になってきてサイズの小さなLEGOでも遊べるようになってきている。

 

長女長女

にぃに、これつけて!

次男次男

わかった、はいできたよ。

長女長女

にぃに、これ外して!

長男長男

わかった、はい外したよ!

姫ができないことを優しく手伝ってあげる長男と次男。

姫は長男と次男への要求が多くなる。

 

長女長女

にぃに、これちょうだい!

長男長男

いいよ、あげる!

長女長女

にぃに、これちょうだい!

次男次男

いいで!あげるわ!

気づけばLEGOブロックの半分以上を姫が隠し持って何やら作っている。

 

次男次男

あれ?もうブロックないやんか!少ないな!

長男長男

えっ!もうないの!何も作られへんやん!

長男・次男よ 「姫を見ろよ!ほとんどお尻で踏んでるから!」

小さなブロックは座布団のように姫のお尻に貯まっている。

姫よ 「お尻の下にブロックを隠しているよね・・・。」

長男と次男からブロックをもらい自分のお尻の下に隠して少しづつ使っている姫。

なんと小悪魔な姫・・・。

 

長女長女

あれ?ブロックないなー!もうないなー!

と言いながらも自分の作品はどんどん大きくなっている。

 

次男次男

あっ!姫がいっぱいもってるやろ!返せ!

長女長女

持ってない!

長男長男

ほなお尻の下見せて!

長女長女

いや!見せない!

次男次男

ブロック隠してるやろ!

長女長女

隠していない!

次男次男

ほんなら何でこんなにブロック少ないねん!

長女長女

ちょっと待って!ちょっと聞いて!ちょっと静かにして!一回ストップして!

姫よ 「急にしゃべりすぎ!焦りすぎ!バレバレやから!」

長男が姫の体を引っ張る。

 

長女長女

ちょっと待って!一回待って!聞いて~!

動こうとしない姫を長男が抱えて移動させる。

 

長男長男

ほら、やっぱり、隠してたんやんか!

長女長女

もういい加減にしなさい!


長男と次男長男と次男

あんたや!

姫よ 「そらツッコまれるわ!いい加減にしなあかんのはあんたや!」

結局、ブロックを全て回収して、3人で一つの物を作ることにする。

 

長男長男

何作る?みんなで遊園地つくろうか!

次男次男

えー!動物園がいい!

長女長女

イオンにしようか!

姫よ 「イオンて!なんでブロックでショッピングモールを作ろうとするねん!」

 

長男と次男長男と次男

イオンいいやん!イオンを作ろう!

長男・次男よ 「イオンでええんかい!」

ブロックでイオンを作る3人、斬新やね・・・。

LEGOブロック

スポンサーリンク