夕食の準備を手伝っていた長男。

ミニトマトを取り分けている途中で急に大声で叫びだす。

 

長男長男

何これ!見てー!スゲーの見つけた!

長男の所へ次男が寄ってくる。

 

次男次男

何何?どうしたん?

長男長男

これ見て?

次男次男

ミニトマト。

長男長男

よく見てみ!

次男次男

ミニトマト。

長男長男

それは見たらわかるやろ!なんかおかしくない?ほら!

次男次男

ミニトマトが二つやろ。

長男長男

そうやけどくっついてんねん!

次男次男

えー、双子のミニトマトやん!

長男長男

そうやねん!すごいやろ!

双子のミニトマトを見つけて興奮する長男と次男。

ミニトマト

長女長女

どれどれ?見せて!

長女も寄ってきて見せてもらう。

 

長女長女

ほんまや!かわいい!チェリーみたい!

長女よ 「英語やん!よう知ってるなチェリーって!」

 

長男長男

これどうする?食べる?

次男次男

えー、食べるの?もったいないやん!

長男長男

ほんならどうするん?

次男次男

土に植えようや!

次男よ 「その方がもったいないわ!」

3人で双子のミニトマトをどうするのか話をする。

 

次男次男

これって2つやけど1つやんな?

長男長男

そうやな。

次男次男

ほんなら分けるときは1つで数えるの?

長男長男

どういうこと?

次男次男

みんなは3つやけど1人は4個になるってこと。

長男長男

意味がわからん!

長男よ 「わかったれよ!上手いこと説明してるやないか!」

 

長男長男

誰が食べる?

次男次男

俺が食べたい!

長女長女

食べたい!

長男長男

俺も食べたいからな!どうしよ。

3人よ 「いつもミニトマトを残すやないか!食べたいとか嘘やろ!」

普段はミニトマトを残す3人が珍しいから食べたいと言いだす。

結局、話がまとまらないので少しの間、飾っておくことに。

 

次男次男

ちょっと待って!貸して!

次男が何か思いついたかのように双子のミニトマトを貸してと要求する。

次男に渡すと大爆笑する次男。

 

次男次男

ギャハハ、やっぱり!これって、なんかオチンチンみたいやな!

次男よ 「発想がしょーもなさすぎる!」

その後、長男も大爆笑し、男2人で双子のミニトマトで遊びだす。

そんなことでテンションが上がるのは男の子だけやから・・・。

ミニトマト

スポンサーリンク