夏になると色々な場所でお祭りがやっているので夜にお祭りへ行くことが多くなる。

普段は夜に遊ぶことのない子どもたちは夜に遊べる特別なお祭りが大好き。

神社のお祭りへ行き、夜店を見つけると目が輝きだす。

夜店は値段が高いので一人一つゲームをするように約束する。

 

長男長男

ヨーヨー釣りやりたい!

次男次男

金魚すくいしたい!

長女長女

かき氷食べたい!

それぞれ、目当ての店を探して歩き出す。

長男がヨーヨー釣りと同じような釣り系のお店でソフビ人形釣りを発見!

 

長男長男

ヨーヨー釣りやめてこれにするわ!

1回400円・・・。

長男がキャラクターなどのソフビ人形を釣りあげるのを見ていた次男と長女。

 

次男と長女次男と長女

やりたり!

次男・長女よ 「そらそうなるわな!見てたらやりたくなるわな!」

これをやったら終わりと伝え、結局3人ともソフビ人形釣りをする。

人形は何体釣れても一人一つしかもらえない。

長男はピカチュウの人形・次男は戦隊キャラクターの人形・長女はブドウの人形をゲット。

長女よ 「なんでブドウを選んだんや!」

キャラクターなどの中にフルーツのソフビも混ざっていて、長女はその中からブドウをチョイスする。

これが400円・・・。3体で1,200円・・・。

満足そうな3人はしばらく歩くと金魚すいを発見。

 

次男次男

金魚すくいあるやんか!やりたい!

次男がやりたいと言うがソフビ人形釣りで1回ゲームをしたから駄目と伝える。

納得できない様子の次男を説得し先へ進む。

 

長女長女

あっ!かき氷や!食べる!

長女がかき氷屋を見つけるがソフビ人形釣りで1回ゲームをしたから駄目と伝える。

納得できない長女は泣きだす。

 

長女長女

かき氷食べたい!食べたい!

長女よ 「泣くのはずるい!」

ゲームじゃないからという理由で仕方なく、かき氷を食べることに。

かき氷を食べると言うと、あっさり泣きやみ笑顔になる長女。

長女よ 「女優か!」

かき氷300円・・・。

長女がイチゴを選び食べる。

 

長男と次男長男と次男

俺たちも食べたい!

長男・次男よ 「そらそうなるわな!一人が食べたら食べたくなるわな!」

3人で分けて食べるようにと、ストローをあと2本もらおうとお店の人に言う。

「ストローの追加は1本50円になります。」

店主よ 「ぼったくりか!」

まさかのストローに50円がかかる発言。

それならかき氷を買ってしまおうと結局、長男はメロン、次男はブルーハワイを注文。

3人で900円・・・。

あとの夜店は適当に見て帰ろうとすると長男がスマートボールの店を発見。

 

3人3人

これだけ最後にやりたい!

3人よ 「約束は守れよ!」

長女の女優演技が始まると何かと面倒なので最後にスマートボールをすることに。

縦横一列揃えば景品のランクが上がっていく仕組みで1回400円・・・。

3人並んでやり、結局誰も1列も揃えることができず、残念賞の音が鳴る風船をゲット。

風船3つで1,200円・・・。

お祭りってお金かかるよな・・・。

ベビーカーに乗っている次女が大きくなるとさらに1人分増える。

来年の同じお祭りに来るときは、音の鳴る風船とストローを持参しようと心にきめた。

お祭り

スポンサーリンク