暑さで寝苦しい季節になってきた。

エアコンをつけたままだと冷えすぎるし、窓を開けると風がないし・・・。

夜寝る時間の温度調節はとても難しい。

我が家は家族全員が6畳の和室で一緒に寝ている。

寝始めはエアコンをつけているので、きれいな川の字で寝ている。

エアコンを止めると暑さで子どもたちが動き出す。

長男 → 布団を蹴り転がりだす。

次男 → 何やら寝言を言いだす。

長女 → 急に座り込みまた寝る。

 

しばらくしてから

 

長男と次男 → 急に立ち上がりまた寝る。

長女 → 急に叫びだしまた寝る。

 

エアコンをつけると涼しくなり、動きが止まり静かに寝れる。

 

エアコンを止める。→ 動く。

エアコンをつける。→ 止まる。

夜中にこれを何度も繰り返す・・・。

3人よ 「寝ながら、だるまさんが転んだをしているのか・・・」

6畳の空間をゴロゴロしているので3人は足や手がからまり、夜中には、とんでもない形になってることがある。

長男 → 壁にベッタリとくっついて寝ている。

長女 → その長男の頭に足を乗せて寝ている。

次男 → 6畳の和室を飛び出しリビングの方で寝ている・・・。

次男よ 「どうやってそこまで行ったのか・・・。」

普段でも寝相が悪い子どもたちは暑さでさらに寝相の悪さがパワーアップする。

どうにかベストな温度調節方法はないものかといつも思う・・・。

エアコンを朝までつけっぱなしにするのにも抵抗があるし、毎日色々試しながら寝ている。

そして朝になり起きると長男と次男が裸になっている・・・。

 

長男と次男長男と次男

俺たちは何で裸やねん!

長男・次男よ 「こっちが聞きたいわ!なんで裸やねん!」

あまりの暑さで寝ている間に無意識で服を脱いでしまっている長男と次男・・・。

エアコンをつけたままにしないとだめか・・・。

寝苦しい暑さ

スポンサーリンク