長男は小学校から帰宅すると、大人の塗り絵をするのが日課。

様々な色を使い、細かな色塗りを集中してできる。

少しの間だけは・・・。

次男と長女が保育園から帰ってくると、塗り絵どころではない。

 

次男と長女次男と長女

ただいまー!何してんの?

次男次男

また塗り絵?おーきれいに塗れてるやん!

長女長女

どれどれ見せて!

長男長男

うるさい!今やってんねんから静かにしろ!

次男と長女の口撃で集中して塗り絵ができない。

 

次男次男

俺も色塗り手伝ったろか?

長女長女

色塗りしたろっか?

長男長男

できへんわ!俺しか!もーうるさい!もう一回保育園へ行け!

長男よ 「そんなこと言うなよ!夜間は保育園お金かかるから!」

次男と長女が手を洗い、保育園の荷物を片づけると長男と同じように色塗りをすると言い出す。

長男の邪魔にならないように少し離れてするように伝える。

次男と長女はしばらく自分の色塗りをしていたが、長男の色塗りが気になる。

少しづつ、距離をつめていく。

集中している長男は気づかずに集中している。

さらに距離をつめる次男と長女。

2人は完全に笑っていて、今にも吹き出しそうな顔になっている。

さずがに気付いた長男。

 

長男長男

こっち、来るなや!近い!離れろ!

次男と長女次男と長女

あっはっは!気づかれたー!ごめんごめん!

笑いながら謝り、長男から離れる。

しばらくするとまた、距離をつめていく次男と長女。

次男・長女よ 「わざとやん!やめたれよ!最初から色塗りする気ないやろ!」

次男と長女は色塗りよりも長男を怒らすことが楽しくなっている・・・。

次男と長女に邪魔されながらも、なんとか塗り絵の作業を進める長男。

真剣に色塗りをしようとする長男の姿を見て、より嬉しそうな表情の次男と長女。

長男に顔を近づける。

次男・長女よ 「悪い顔してる!」

さすがに塗り絵に集中できなくなった長男はため息をつく。

 

次男次男

塗り絵できた?なーなー!

長女長女

塗り絵できた?なーなー!

次女次女

エーン、エーン

ついに寝ていた次女も泣き出す。

 

長男長男

もううるさい!でけへん!やめる!

長男よ 「塗り絵ができる環境やないよな・・・。」

長男が静かに勉強・塗り絵ができる環境をつくらなければ・・・。

大人の塗り絵

スポンサーリンク