ファスナーやスナップボタンの開け閉めができるようになった次女。

リュックのファスナーを開けては中の物を全て出して遊んでいる。

 

次男次男

あっ!リュックの中身出してるで!

長男長男

ちょっと待って!これ、俺のリュックやんか!やめて!

次女次女

あったー!

長男長男

何があったんや!筆箱か?これは触ったらだめ!

長男のリュックを開けて筆箱を見つけた次女。

すぐに長男に取り戻されてファスナーを閉められる。

しばらくすると、次女の声が聞こえてくる。

 

次女次女

あったー!

長男長男

あっ!また俺のリュック開けてるやん!メンメやろ!

長男よ 「まーまー、かわいい妹やから許してあげよ!」

長男は次女が届かない高い場所へリュックを片づける。

 

次女次女

あったー!マンマ!

次男次男

あっ!またリュック開けてる!

次女よ 「それは大人のリュックやないか!」

次女のオヤツやおむつや着替えなどが入ってるお出かけ用リュックを開けている次女。

中から自分のオヤツを発見し大興奮。

 

次女次女

マンマ!あったー!マンママンマ!

次女よ 「全然おやつの時間じゃないから!普通に食べたらあかんから!」

 

次女次女

マンマ!マンマ!ギャー!ギャー!

オヤツを片づけると発狂しまくる次女。

仕方なくラムネ菓子を一つ渡す。

ラムネ菓子を渡すと発狂が一瞬でおさまる。

次女よ 「完全に泣き叫べばもらえると思っているやろ!」

食べ終わるとまた発狂しだす。

 

次女次女

マンマ!ギャー!マンギャー!

次女よ 「もうあかん!オヤツの時間でもないのに食べ過ぎ!」

オヤツをリュックに片づける。

しばらく発狂し続けていても振り向いてくれないとわかった次女。

泣きながらもチラチラと周りの様子を確認する。

次女よ 「泣きながらたまに目が開いてますけど!」

諦めた次女は泣き止み、静かに遊びだす。

しばらくすると次女はまたリュックを開けておやつを持ってくる!

 

次女次女

マンマ!マンマ!

次女よ 「どんな食欲やねん!」

大人のリュックも全て次女が届かない高い場所へ片づける。

次女は新たなリュックを探し続ける・・・。

ファスナー

スポンサーリンク