ご近所さんが本や絵本などを譲ってくれた。

喜んだ3人はさっそく、どんな本があるかチェックする。

 

長男長男

あっ!かいけつゾロリや!

次男次男

あっ!この本知ってる。

長女長女

アンパンマンある?

小学校向けの本などが多かったので姫が読めるような本はない。

 

次男次男

これ、ポケモンやん!これ姫も一緒にできるやん!

次男がポケットモンスターのパノラマ・マグネット・ブックを発見する。

マグネットブックはその名の通り、ピタッと貼って、遊べるマグネット本なので、姫でも楽しめる。

年齢的にもマグネット貼りやシール貼りを集中してできる時期なので姫も大喜び。

 

長女長女

やったー!ペッタンペッタンするわ!

姫がポケモンのマグネット本で遊んでいる間に長男と次男の本を読む。

10分程度、マグネット本で遊んだ姫。

 

長女長女

もうこれ違うのする!ペッタンはおしまい!

姫よ 「飽きるの早くないかい?」

本に飽きた、姫は1人でおしゃべりをしながらおままごと遊びをしだす。

長男と次男はマグネット本を見つける。

 

長男と次男長男と次男

ポケモンのくっつく本、一緒に見ようか!

長男と次男は珍しく、取り合いのケンカをすることなく一緒にポケモンのマグネット本で遊びだす。

 

長男長男

あっこれ知ってる!

次男次男

あっ!これもパパのポケモンGOで見たことある!

長男長男

あっ!あいつや!

次男次男

おーこいつや!

長男・次男よ 「キャラクターの名前一つも知らんのかい!」

あれやこれやと言う割にポケモンの名前が全然でてこない2人。

 

長男長男

あっ!ピカチュウや!

次男次男

おー!ピカチュウやん!

長男長男

ピカチュウとこいつとあいつやん!

次男次男

ほんまや!ピカチュウとこいつやん!

長男・次男よ 「ピカチュウだけかい!」

結局、全86ピースのマグネットの内、ピカチュウの名前しか出てこない2人。

 

次男次男

あーこれ、なんやったかな!ネズミみたいなやつ!

長男長男

この鳥みたいなやつなんやったっけ。

次男次男

あっ!それ知ってるわ、ポケモンや!違うわ!知らんわ!

次男よ 「もう、ポケモンって言うてるやん!」

その後も2人はキャラクターマグネットを貼りながら、ただ、名前を思い出す遊びをしていた・・・。

ポケモン図鑑

スポンサーリンク